青汁で貧血を改善・予防しよう!ヘモグロビンと青汁の関係を解説

貧血を放置しておくのは感心しません。特に成長期にあるなら、健やかな身体を獲得するために。また妊娠中なら、お腹の中の赤ちゃんの健康に関わります。それだけではありません。貧血を明らかに示す症状だけではなく、スタミナまで鉄分は関わっているというのです。

貧血の理解と予防、対策は広くすべての世代に関わった問題だというのです。そこで、青汁を活用すれば、安心して貧血対策ができるという内容を検証してみましょう。

鉄分のみ摂取してるだけではダメだった!メカニズムでわかる貧血

貧血は、立ちくらみや息切れが日常的に目立つ症状だと考えられています。しかし、これらの症状がないからといって、貧血の傾向がないと判断するのは危険かも知れません。

貧血をなんとかするならまずは貧血の症状を押さえておくべき

貧血を原因とする症状にはさまざまな種類があります。動悸がしたり、疲れやすく感じたり、全身倦怠感や浮腫、顔面蒼白など。さらに他にも爪がスプーン状になったり、まれに口内炎、舌炎、嚥下障害なども含まれます。

貧血からもたらされる生理的な問題は、全身に供給する酸素の不足です。先の症状はいずれも供給される酸素の不足が症状として表れると理解できます。細胞レベルでの出力不足、そして新陳代謝能の低下だと考えられます。

ですから朝起きにくくなる原因として挙げられるのは、低血圧、あるいは貧血です。ここで考えたいのは貧血による可能性です。貧血が酸素供給の不足が脳の活動に影響を与えているのですから、放置するのは禍根を残しかねませんが、改善できます。

ただ、後ほど詳しく述べますが、貧血の原因にはいくつかあり、応じて処置が変わってきます。素人判断には危険が伴いますので、臨機応変に医療の専門機関で相談する必要があるといえます。

貧血の原因は食生活にある場合と、その他の場合とで原因となるメカニズムが大きく違ってきます。ですから原因を判断し間違えるとせっかくの療法が効果を発揮しなくなります。特定の療法を試してみて期待した効果がでないのであれば、別の原因を考えた方が良いかも知れません。

医学的に貧血とはどのように考えられているかを基準値で確認する

単に症状だけから判断していては、客観的な判断は難しいです。当然医学的でもありません。ですから貧血についても基準値が定められており、血液検査で簡単に測定することができます。

貧血の診断は主に次の3項目とそれらの項目との関係によって診断されます。次の表をご覧ください。項目間の関係まで扱うと専門的になりすぎますので、その辺りは専門家に任せるとして、ここでは3つの項目の基準値だけを挙げておきます。

項目 男性 女性
赤血球数 410万~550万個/μL 380万~480万個/μL
ヘモグロビン濃度(Hb) 14~18g/dl 12~16g/dl
ヘマトクリット値(Ht) 40~50% 36~45%

血液中の赤血球数が低下すると貧血になります。赤血球数が低下してしまう原因には、原料である鉄分が不足したことが関係しているか、造血機能が低下して赤血球の産生量が低下したり、赤血球がなんらかの理由で破壊されたりしたといったものが考えられます。

ヘモグロビン濃度が低いと酸素の運搬能力が低くなります。すべての赤血球が酸素を運搬できるわけではなく、ヘモグロビンを持つ赤血球だけが酸素を運搬します。ですから赤血球数が十分でもヘモグロビン濃度が低ければ、酸素の運搬能が不十分で貧血を発症する可能性があります。

ヘマトクリット値は血液中に占める血球体積の割合を意味します。血球体積の割合と言ってしまうとなんだか難しそうですが、血液さらさらの状態で十分機能しているかという指標ですね。これが低ければ貧血が疑われます。

貧血にならないために、鉄分を摂取できる食事を心がけてきたのに、それだけでは効果を期待できないなんてショックです。それにこんなにたくさんの原因があるなら、貧血対策は素人の手に負えるものではないように見えてしまいます。
貧血を深く調べると、確かにさまざまな原因があり、それぞれに処置が異なってくる。だからといってすべてが専門家に任せるべきものではないんだ。自分たちの生活を少し変化させることで十分に対応できることも少なくない。

貧血対策は日常に潜む原因からアプローチするのが賢い選択

貧血にはさまざまな原因が関係しています。素人判断で治療しようというのはリスクを生じます。だからといって、何でも医療機関頼みで良いのかという良識の問題もあります。ここでは、貧血の主な原因を意識しつつ、日常生活で対処できる現実的な方法を考えてみましょう。

こんな落とし穴があった!飽食の時代になぜ貧血が問題になるのか

キャンパスを闊歩する学生を眺めていると、妙に線が細いなあと感じてしまうのは、自分が歳を取ってしまったことが原因なのかと思うこともありますが、確かにスタミナに関する相談も増えてきているのも事実です。

世代が変化して変化したものに着目すれば、変わったものは明らかです。生活様式、目抜き通りを埋める軽食販売が目立つ一方、家庭で摂る食事は貧しくなってきたようです。

貧血の9割は「鉄欠乏性貧血」だとされます。食事が摂取する鉄分が不足しています。友人のひとりは母親とコンビニ弁当を食べていたと幼少期の記憶を語ってくれました。加熱で失われた鉄分はどこで補うのでしょうか。

野菜偏重主義のように野菜を中心にした食生活では、吸収率が低い鉄分が中心になってしまいます。食品が含む鉄分を吸収できずに排泄してしまっています。どのようにして補うことができるでしょうか。

もちろん、貧血になる原因は食生活だけではありません。もっと深刻なものもあります。例えば「巨赤芽球性貧血」、「再生不良性貧血」や「溶血性貧血」などが知られています。

これらに原因があるならもはや、一般家庭で対処できる問題ではありません。専門機関による治療が必要です。ただ貧血症状のほとんどがこれらの重大なものではなく、食生活に関わる原因によるという点が問題でしょう。

貧血対策ならこうして簡単!実際にできることから改善を試みよう

まず優等生的な貧血対策の手順を提示してみますと、次のリストのようになると思います。

  • 1.自分の貧血症状の原因を知る
  • 2.必要なら専門機関で治療を受ける
  • 3.食事習慣を改善する

でも、自分の貧血症状の原因を知るといっても、9割以上は鉄欠乏によるものです。それを確認するためにだけ、お医者さんに出かけるのはちょっとね、という方も少なくありません。そしてそんなことを考えている内に、貧血に対処できなくなってしまうかもです。

ここでお勧めするのは、リストの3番を先にするという方法です。そうすることによって9割以上の確率で良い効果を得られます。一定期間経過しても良い効果を得られないなら、そこで初めて専門機関で受診する手順であれば、無駄がありません。

鉄分の摂取にはそれなりに気をつけていたはずです。これまでの話ならもう十分な効果を得ているはずなのに…。いったいどういうことなんでしょう。
鉄分の補給はスタミナドリンクの一気飲みとは少し事情が異なる。頑張りたいときだけに摂取すれば良いというものではないんだ。それに鉄分を補給するといって、釘をなめるようなことをしても意味がない。それには理由がある。鉄分を身体が活用できるためにさまざまな条件があるからなのだ。

貧血対策なら鉄分に合わせてこんな栄養成分を摂取すればよい

鉄分を摂取していれば大丈夫とはさすがに誰も考えないでしょうが、どのような栄養成分を必要としているのかをまとめて理解している人もまた少ないようです。

正常な赤血球は、かつての日本での習慣に従った生活であれば、特に配慮を必要としなかった問題です。生活習慣の変化に伴った食事の変化は直接的に私たちの体調に関わってきています。

だからこそ、血液を健康に保つためにどのような栄養成分が必要なのかは貧血という課題とともに整理しておくのがよいでしょう。

赤血球の材料になる成分を摂取するのを忘れてはならない

赤血球もまたタンパク質からできていますので、タンパク質の摂取を不十分な状態では、いくら鉄分を補給したとしても貧血症状は改善されるのは困難です。

また赤血球は脊髄や骨髄にある造血細胞によって合成される物質なので、必要な栄養成分が原材料以外にもあります。ビタミンA、ビタミンB12、葉酸、ビタミンEなどがそれに当たります。

それぞれの栄養成分の働きをまとめると次のようになります。

  • ビタミンAは造血幹細胞の成長を促進させます。
  • 葉酸は健康な血液細胞を生成するのに必要です。
  • 葉酸はビタミンB12の助けを必要とします。
  • ビタミンEはビタミンAを活性します。

赤血球が酸素を運べるようになるために必要な栄養分を摂る

必須栄養分だというイメージがあまりないのが「銅」です。むしろ銅を摂取することで引き起こされる障害の方が印象強いでしょう。しかし、実は人間の身体の中でも銅は重要な働きを担っている必須栄養分のひとつです。

さまざまな酵素とともに働く銅はヘモグロビンの合成に必要であり、また鉄の吸収を促進する働きをします。もちろん銅が不足してしまうとヘモグロビンの合成能に直結してしまうので、貧血になってしまいます。

銅の一日の摂取量の基準は成人男子で0.9mgですが、摂取上限量は1.0mgです。非常に微妙な量ですよね。日常生活の中でコントロールするのは極めて難しそうですが、今のところ日頃の食事で不足しているという調査報告はありません。

陰の力持ちは代謝を受け持っている−目立たないけど大切

銅ほどの働きもしないような扱いでありながら、もっと広範に関わる働きを担っている栄養素に亜鉛があります。何年か前にテレビ番組で味覚異常と亜鉛との関係を扱っていたので記憶にある方もいらっしゃるでしょう。

亜鉛は銅の代謝に必要します。亜鉛は細胞分裂に関わる働きをし、免疫機能、皮膚代謝、中枢神経系の機能維持、老化防止等に関与します。赤血球そのものの成分でもあり、亜鉛の不足は貧血に無関係ではありません。

毒性が低い亜鉛なのですが、それでも亜鉛を過剰摂取すると肝臓の機能に異常を来すリスクもあります。

そんなにたくさんの栄養素を毎日コントロールしなければならないなんて、私たちには難しすぎるように思えて残念です。
私にはどうすればいいかちっともわからない、必要なものが多すぎるわ。そんなにたくさんのお薬なんて飲めない…。
そうだね。自分で必要な栄養素を個別に管理するなんて至難の業です。最初はなんとかなっても、途中で大変になって頓挫したら意味がなくなってしまう。だからこそ青汁をお勧め、なんだ。次の説明に進もう。

青汁が貧血の予防、改善に良い理由はこれだった

自分でできる、自宅でできる。そして毎日のことだから、貧血対策は手軽で確実なものがよい。これは改めていう必要もありませんよね。そこでネットを調べてみるとヒット率が高いのはサプリメントのようなお手軽なもの。

でも、サプリメント利用の難しさを知っていれば、簡単に青汁よりもと、選ぶことはできなくなってしまうに違いありません。

なるほど!貧血の人が青汁を飲んだほうがよい理由はこれだった

豚は13mg、牛は4mg、鶏なら9mgがそれぞれ100g重のレバーに含まれるとされます。またアサリの水煮缶(100g重)なら29.7mgの鉄分が含まれます。これだけを見れば、青汁がよい理由などありません。

そもそも日常の食品からすべての栄養をまかなう生活が理想です。先に挙げた食品の鉄分はどれもヘム鉄ですから、消化吸収も良く効率的です。アサリの水煮缶なら1缶で食べ過ぎになりそうです。

しかし、豚、牛、鶏などのレバーの鉄は煮炊きで流出する量が計算できません。栄養標準を見れば加熱処理でどの程度失われるか目安がわかるに過ぎません。加熱調理によって食用した分だけでは鉄分補充に不足しかねません。

だからといって多く食べるようにしてしまうと、鉄を過剰摂取する結果になり、肝臓を始め内臓に障害を生じる場合もあるのです。さらに家庭での食事だけではなく、外食が含まれてくるといよいよ一日摂取量を把握するのは困難です。

そもそも鉄分は日常的に失われるものです。だからこそ毎日の食事で少しずつ摂りたいのです。


青汁であれば、一定量の鉄分補給が期待できます。

これが大きい。さらに青汁なら鉄分摂取に特化しておらず、むしろ野菜としての位置づけから、多様な栄養分を含んでいます。

貧血なら!こんな原料や栄養成分が入っている青汁がお勧めです

貧血対策に効果がある栄養分は、鉄以外に葉酸、マンガン、銅、ビタミンCがあります。これらの栄養分は非ヘム鉄の吸収を高める成分です。

青汁が含んでいる鉄分は非ヘム鉄が主成分であり、そのままでは吸収率が高くありません。ですからこれらの栄養分を含んだ青汁が鉄分補給には効率がよいといえます。

また、銅、亜鉛は鉄分をヘモグロビンに結合する役割を果たします。これらの成分も要チェックです。微量ながら必須ミネラルとして通常の食品に含まれているのが普通ですから、取り立てて多量の補充を必要とはしません。

その他、赤血球の材料としてビタミンA、ビタミンB12、葉酸、ビタミンEは外せないビタミン類だといえます。これらをバランス良く含んでいる青汁が毎日の貧血対策をサポートするのにふさわしいですね。

青汁はメーカごとにさまざまにバランスを工夫して特徴ある製品を販売していますので、必要に応じた選択が可能です。そしてあくまでも野菜の補助として捉えるのが正しいつきあい方でしょう。

青汁を始めサプリメントだけを用いて貧血対策を完全にできると考えるのは誤りです。日々の食事のバランスを整えるのが基本であって理想です。そして自分で対策しても効果が得られない場合は、できるだけ速やかに専門機関に相談するようにしましょう。

青汁を日々の献立に加えるだけで、貧血対策ができるっていう理解でよいのかしら?
その通り。青汁の成分は各社ごとに工夫を加えており、それぞれに特徴があるのでそれぞれのサイトで詳細を確認して欲しい。

青汁ならヘモグロビンの品質そのものを向上可能だと期待できる

青汁はあくまでも栄養補助を目指した野菜として開発されていますので、ヘモグロビンに限らず細胞の組成そのもののバランスを向上させることで、状態を改善できるのを期待できるのです。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.