青汁は血糖値を下げる!糖尿病に効果的な理由と飲む前の注意点

高血糖はどのような病気か知っているでしょうか。高血圧は気づきにくい病気のため、知らずのうちに高血圧になっていた、なんてことも少なくありません。気づかずにそのままにしておくと命に係わる病気になることもあるため、高血圧のことを知っておきましょう。

知っておけば対処できることもあるため知っておいて損はありません。また健康に良いと言われる青汁は高血糖に効果があるのか気になりませんか?

ここでは高血糖の事や、高血糖の人が青汁を飲んでも問題ないのか紹介していきます。

血液中に糖質が沢山ある状態が高血糖

人間に必要なエネルギーは血液中に溶け込んでおり、糖質もその中の1つです。必要なエネルギーなら沢山摂取した方が良いのでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。沢山摂取しすぎると過剰摂取になってしまい、体に悪影響を与えてしまいます。

例えば糖質を摂取しすぎると高血圧という状態になってしまう可能性があります。これは血液中に糖質が沢山ある状態のことをいい、体にもよくありません。食後に血糖値を計測してみて血糖値が下がらないとか常に血糖値が高い人は高血圧である可能性が高いです。

病気になる可能性も高くなるため、できるだけ早く対処する必要があります。

高血糖はそのままにしておくと命に係わる病気になることも!

高血糖という言葉はよく聞くため、たいして重要じゃない!と思うかもしれませんそんなことはありません。病気によっては命に係わる症状もあるため、高血糖になってしまったら、できるだけ早く対処する必要があります。

具体的にどんな病気になるのか紹介していきます。

  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 動脈硬化

聞いたことがある病気もあるのではないでしょうか。実際に病気になった人しか分からないと思いますが、どの病気も重い病気です。高血糖は気づきにくいので、知らずのうちに糖尿病などの病気になっている可能性もとても高いです。

高血糖だと病気になることは分かったけど、なりやすい病気はどれなの?
高血糖で一番なりやすい病気は糖尿病だ!糖尿病というと、高齢者がなるイメージがあると思うが、若い人でもなる可能性があるから中が必要だ。検診して血糖が高いと言われたら、すぐに対処しよう。

血糖値が高いと病気に!そもそも糖尿病とはどんな症状なの?

血糖値が高いと糖尿病という病気になりやすいです。そもそも糖尿病とはどんな病気なのか?簡単に説明していきます。

糖尿病というのは、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンが正常に作用せず、血糖値が高くなっている状態のことです。

インスリンは血糖をうまく血液に溶け込ませる役割をしており、インスリンが作用しないと血糖が体に吸収されずそのまま尿として排出されてしまいます。

血糖が吸収されずに血液の中に血糖が沢山流れている状態になり、その状態で血糖値を量ると高血圧になってしまいます。高齢の人のみが糖尿病になるイメージを持つ人もいますが、「1型糖尿病」という若い人や子供がなってしまう糖尿病もあります。

糖尿病は罹っても気づきにくいので注意が必要

糖尿病は罹っても気づきにくい病気なので、早期発見したいなら定期的な検診をするしかありません。

自覚症状もありますが症状がみられないこともあるし、自覚症状から糖尿病と気づきにくいです。具体的な自覚症状には以下のような例があります。

  • トイレに行く回数が多くなる
  • のどが渇きたくさん水を飲む
  • 体重が減る
  • 疲れやすくなる

糖尿病の自覚症状は普段から経験することが多いものばかりです。これらの症状から糖尿病であるとつなげることができず、糖尿病の発見は遅れてしまうケースが多くなっています。気づくためには健康診断が重要なため、糖尿病の早期発見や他の病気のためにも普段から健康診断は受けることが重要です。

糖尿病になってしまったら!治療方法は3つ

糖尿病の主な治療方法は3つあります。

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

簡単に説明すると、まず「食事療法」は摂取するカロリーを制限することで糖尿病の治療をします。カロリーを制限して、バランスよく食事をすることも重要です。普段からカロリーを制限してバランス良い食事をしていれば高血圧の予防もできます。

糖尿病の原因の糖は人を動かすためのエネルギーで体を動かすことで消費することができます。「運動療法」は運動して糖を下げるという治療方法です。糖尿病の人が推奨されているのは「ウォーキング」でまずは軽い運動から始めて、徐々に運動量を増やしていきます。

最後に薬物療法は分泌されなくなってしまったインスリンを注射で補うという治療方法です。糖尿病の主な治療方法は以上の3つの方法です。食事療法とか運動療法は自分でもできますが、医師の診察を受けてから行うことをオススメします。

糖尿病にはカフェインも効果的って聞くけど本当なの?
カフェインを摂取すると糖尿病になりにくいという情報は確かにあるぞ。必ず予防できるという訳ではないが、コーヒーとかなら普段から飲めると思うから、予防として飲むのも有りだ!

GI値でどのくらい血糖値が上がるのか分かる

GI値というのは、何か食べ物を食べた時に血糖値がどれくらい上がるのか指標のことを言います。

GIは「グリセミック・インデックス」の略です。GI値が高く設定されている食べ物は、食べると血糖値も上がってしまうので糖尿病やその予防をしたい人にはオススメできません。

血糖値の上昇を抑えたい人はGI値が低い食べ物を食べるようにしましょう。一般的にGI値が高い食べ物は炭水化物全般です。GI値が高い食べ物を食べる時は、GI値を下げる食べ物を一緒に食べるようにしましょう。

GI値を下げる食べ物は主に「酢」や「食物繊維」「乳製品」「豆類」があります。

GI値が高い食べ物は高血糖の人は食べてはいけないか?と言われるとそうではない。高血糖の人でもGI値が高い食べ物を食べても問題ない。ただ食べすぎても良くないからバランスよく食べることが重要だ。

健康に良いとされる青汁!血糖値を下げることもできる?

健康に良いと言われている青汁ですが、血糖を下げる効果もあります。

糖尿病に効果的と言われるのは血糖値を下げてくれるからです。

なぜ血糖を下げてくれるのか?というと、青汁に使われている原材料や野菜がその原因です。青汁でよく使われているのは以下のような原材料です。

  • ケール
  • 明日葉
  • 大麦若葉
  • 桑の葉

これらの原材料には「ビタミン類」や「食物繊維」「アミノ酸」が豊富に含まれています。ビタミン類や食物繊維、アミノ酸が豊富に含まれているため、血糖値を下げる効果があります。

血糖値を下げてくれるため、糖尿病にも効果的ですし生活習慣病の予防にもなります。

血糖値の上昇を抑えるには青汁を飲み続ける必要がある

青汁には血糖値を下げてくれる効果がありますが、飲んですぐに効果が出るわけではありません。血糖値を下げたいとか、糖尿病の予防をしたい人は青汁を毎日飲み続ける必要があります。

飲めばすぐに効果が出る!と勘違いする人も多いので注意しましょう。飲み続けるためには、飲みやすい青汁がオススメなので飲みやすい青汁を選ぶと良いでしょう。ただし、青汁の中には甘味料などが使われており血糖が上がってしまう青汁もあるため注意が必要になります。

青汁はどれくらい飲み続ければ効果が出るのかしら?子供は飽きやすいから効果が出るまで飲んでくれるか心配だわ。
最低でも3か月は飲み続ける必要がある。子供に飲ませるなら、何かに混ぜて飲ませるという方法があるぞ!レシピも沢山あるから、糖質が少ないレシピを探してみると良いだろう。

糖尿病の人が青汁を効率良く飲むならがいいのは食事中!

青汁は飲むタイミングは特に決まっていないので、基本的にいつ飲んでも問題ありません。ただ、飲むタイミングによって効果も変わります。例えば朝飲んだ場合ですが、「栄養補給」とか「便秘」の改善に効果的です。栄養補給をしたい人や便秘の改善をしたい人は青汁を朝飲むと効率的ということになります。

では血糖値を下げる場合は、いつ飲めばいいのか?というと食前や食事中に飲むと効果的です。青汁には食物繊維が豊富に含まれていて、後から食べた糖質とか脂質の吸収を穏やかにしてくれるため、血糖の上昇を抑えることができます。

血糖値を下げたい人、もしくは糖尿病の人は青汁を食事中か食事前に飲むようにすると良いでしょう。

青汁は粉末タイプがあり、包とかスティックになっているから外出先でも簡単に飲める。時間がない人も昼食と一緒に食べることも可能だぞ。

血糖値を下げる青汁を選ぶポイントと注意点!

青汁の数はとても多いため、いざ選ぼうと思っても迷ってしまうことも多いです。青汁のことをよく知らない初心者の人は特に困ってしまう人が多いのではないでしょうか。血糖値を下げる青汁を選ぶポイントを紹介していきます。ポイントは3つあります。

  • 食物繊維が豊富なのか?
  • 糖質が少ないか?
  • 栄養価が高いか?

血糖値を下げる青汁を選ぶ場合にはこの3ポイントに気を付けましょう。まず食物繊維ですが、これは糖質や脂質の吸収を穏やかにしてくれるし糖を体外に運び出してくれる効果にも期待できます。便秘の解消にもつながるし、糖を体外に出してくれるため血糖値を下げてくれる効果もあります。

次に青汁の中には糖質が多い商品もあります。例えば以下のような材料が青汁に使われている場合、糖質が高いので注意しましょう。

  • はちみつ
  • ローヤルゼリー
  • フルーツ
  • にんじん
  • かぼちゃ

飲みやすくするためにハチミツなどが含まれている青汁も多いので注意しましょう。野菜は糖質が低いと思うかもしれませんが、糖質を多く含む野菜もあるため野菜の確認も必ず行いましょう。

糖尿病改善のためにも栄養をバランスよく摂取することが必要です。バランスよく栄養価が含まれている青汁がオススメになります。

青汁を飲みやすくするために、はちみつなどに混ぜて飲む人も多いが糖質の摂取量が多くなるから注意が必要だ。オリジナルで混ぜる時にも、糖質がどれくらい含まれているか確認は必ずしよう。

血糖値を下げるオススメの青汁「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」

「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」という青汁が血糖値を下げたい糖尿病の人にオススメです。この青汁には1袋あたり5.9gの食物繊維が含まれています。1日に必要な食物繊維のすべてを賄えるわけではありませんが、1日に必要な量の3分の1前後を摂取可能です。

栄養バランスのいい大麦若葉も使われているため、必要な栄養をバランスよく摂取することもできます。糖質が含まれている材料も含まれておらず、糖質もかなり少ないです。数値にするとなんと0.2から0.5gと少なくなっています。

青汁というと初心者の人は「効果があるのか」と不安な人も多いのではないでしょうか。この「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁は」大手の製薬会社「大正製薬」が作っている青汁です。

さらにトクホ(特定保健用食品)を取得しているため、健康があることも国が証明済みです。大麦若葉がメインの青汁ということで味も飲みやすいものとなっています。大麦若葉の味である、抹茶風味となっているので毎日ストレスを感じることなく飲むことができます。

  • 血糖値を下げたい
  • 糖尿病予防
  • 栄養補給

青汁選びに迷ったならばまず「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」を検討してみてはどうでしょうか。

「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」には難消化性デキストリンっていう成分が含まれているみたいだけど、どんな成分なの?
難消化性デキストリンはイモ類などに含まれるでんぷんが分解されなかった残りもので、食物繊維の一種である。糖の吸収を穏やかにしてくれるから高血糖にも効果的だ。

糖尿病の人が青汁を飲むなら、まず医師に相談しよう

青汁は糖尿病人が飲んでも平気ですが、飲む場合は医師に相談してから飲むようにしましょう。

青汁に含まれている成分が糖尿病に悪影響を与える可能性もあるので注意が必要です。特に糖尿病の合併症「糖尿病腎症」の方は注意しましょう。

診断を受けて「血糖に異常があった」とか「現在、糖尿病の治療を受けている」という人は飲む前に必ず医師に相談しましょう。また青汁にも糖質が含まれていることがあるので、糖尿病や予備軍の人はできるだけ糖質が少ない青汁を選ぶようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.