青汁にカフェインは含まれる?青汁の成分とカフェインの関係を解説!

「カフェイン」というとコーヒーに含まれているイメージが強いですが、それ以外の飲み物にも含まれていることがあります。例えば「緑茶」とか「青汁」にも含まれていることがあります。

青汁に含まれる成分は、使われた材料によって左右されます。最近は「青汁」といっても様々なメーカーで扱って入り、使われている材料もそれぞれ微妙に違います。また自宅でも作ることができるので、カフェイン入りの青汁を作るなら材料選びにも注意しましょう。

カフェインにはデメリットもありますが、カフェイン入りの青汁はとても健康にいいです。健康に良いといっても、いきなり飲むことが不安な人もいると思うので、カフェイン入り青汁のメリットとデメリットを知ってから試してみてください。

青汁にはカフェインが含まれていることもある!飲む時は材料の確認を

青汁といっても作り方は1つだけでなく、複数の作り方があります。青汁に向いている野菜も多く、主に以下のような野菜を使っている場合が多いです。

  • ケール
  • 大麦若葉
  • 桑の葉
  • 明日葉
  • ゴーヤ

他にも青汁に向いている野菜は多いので、上記以外の野菜が使われていることも多いです。特に最近は、青汁を作っているメーカーも多いので、材料はメーカーによりけりです。

中にはお茶が使われている青汁もあります。青汁にはカフェインが含まれているのか?と質問が多いですが、お茶が使われている青汁にはカフェインが含まれています。

そのため、カフェインが含まれているのか見分けるためには、材料の中にお茶が含まれているのか確認してみましょう。

主に青汁に使われているお茶は以下のようなものがあります。

  • 緑茶
  • 抹茶
  • 煎茶

カフェインが含まれているとメリットやデメリットも変わります。カフェイン入りの青汁にはどんなメリット、デメリットがあるのか飲む前に知っておきましょう。

そもそもカフェインって?どんな効果に期待できるのか

カフェインというのは、コーヒー豆とか茶の葉、カカオの実などに含まれていて、苦みのある成分のことをいいます。カフェインは身体にいい影響を与えてくれるので身体の健康維持をしたい人にはうれしい成分と言えます。

主な効果としては次のようなことがあります。

  • 眠気を減らす
  • 脂肪を燃焼
  • 利尿作用によるむくみ予防
  • 脳の疲労を抑えてくれる
  • 血行の促進

コーヒーなどがよく眠い時に良いというのはカフェインの効果になりますね。気分をスッキリさせる効果もあるため、気分が悪い時にもカフェインは効果的です。

カフェインは苦みがありますが、それを我慢すれば脂肪燃焼の効果にも期待できます。それだけではなく、飲めば利尿作用にも期待でき、余計な水分を排出しやすくなりむくみの予防にもなります。

体重とかむくみで悩む女性の方も多いと思うので、ダイエットとか健康維持の為にカフェイン入りの飲み物をお試しください。脳への疲労は仕事をしていると知らずのうちに溜まっていくので、仕事をしている男性の方にもオススメできます。

最後に血行が悪いと肩こりとか冷え症、頭痛など身体に悪い影響しか与えないので、普段から肩こりとか冷え症で悩んでいる人にはうれしい効果です。

ただし、カフェインにはいい効果だけでなく悪い効果もあるので摂取する時に注意が必要となります。カフェインは摂取しすぎてしまうと以下のような症状になってしまうことがあります。

  • イライラする
  • 頭痛
  • 吐き気がする
  • 眠れなくなる
  • 動悸がする

良い効果が逆に悪い影響を与えることもあるので、カフェインを摂取する場合は大量摂取しないようにしましょう。

悪い影響といっても、一時的な効果なので、大事になることは少ないですがそれでも注意は必要です。カフェイン中毒なんて言葉もあり飲み過ぎてしまうと、過剰摂取になってしまいます。

飲み過ぎだと思ったら新たに摂取しないようにしましょう。摂取量を間違えなければメリットも大きいです。特に青汁に入っていればカフェインの良い効果に加え、使われている野菜の良い効果にも期待できるので、とても健康的と言えます。

カフェインの適切な摂取量についてですが、1日500mgと言われています。摂取するなら500mg内にしましょう。あくまで目安なので、心配な方もいると思うのでそういった人は500mgよりも少なめ、例えば300mgを目安にすれば過剰摂取は避けることができます。

悪影響もある?カフェイン入り青汁を飲む時の注意点

カフェインは身体にいい影響を与えますが、その人の状態によってはカフェインを摂取しない方が良い人もいます。特に注意したいのは妊娠している人です。最悪の場合、流産もあるため、妊娠している人はカフェインの摂取に注意しましょう。

妊娠している時に青汁を飲みたいならばカフェインが入っていない青汁なら問題ありません。妊娠中に健康の為に青汁を飲むことは可能なので、普段から青汁を飲んでいるならカフェインが入っていない青汁で継続OKです。

他にも次のような状態の人はカフェインの摂取をすることはよくありません。

  • 骨粗しょう症
  • 緑内障

など上記のような人はカフェインが悪影響を与える可能性があるので、カフェインの摂取はしないようにしましょう。それでもカフェイン入りの青汁とかコーヒーなどを飲みたい!という人がいると思いますが、そういった人は医者の人と相談してみましょう。

また他の病気でもカフェインが悪い影響を与える場合もあるので、もし心配ならば、診察した時に相談するとかインターネットなどで情報を探してみましょう。

子供がカフェインを摂取しても大丈夫なの?悪影響があるなら知りたい

子供がカフェイン入りの飲み物を飲みたいということもあります。その時に子供にカフェインを与えてはだめなのでは?とお考えの人もいますが、そんなことはありません。

子供がカフェインを摂取しても特に問題はありません。ただし、大人と同様に摂りすぎてしまえば悪影響となるので、量には気を付ける必要があります。また、子供によってはカフェインの影響が出やすい場合もあります。

  • 眠れなくなる
  • 心拍数が上がる
  • テンションがあがる

子供がカフェインを摂取するとこのような効果があります。夜にカフェインを摂取してしまうと、眠れなくなってしまう可能性が高いので、カフェインを摂取させる場合は午前中にしましょう。

もし青汁を飲むならどのタイミングで飲めばいいですか?やっぱり午前中の早い時間帯に飲んだ方が良いのでしょうか。
脳もスッキリするし、集中力も上がるから青汁を飲むなら午前中に飲むと効率的だ。午後でも問題ないが、時間によっては夜眠れなくなる可能性もあるから注意が必要だ。

青汁を選ぶ時は「カフェイン0」などの表記に注意!

使われた材料にもよりますが、青汁にはカフェインが含まれていないと思ってしまう人もいます。なぜそう思ってしまうのか?というと例えば「カフェイン0」などといって表記を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

これは完全にカフェインが入っていないという意味ではありません。カフェイン0といっても、かなり少量のカフェインが含まれていることもあります。

カフェインはラベルなどに表記されないので、書いてないからカフェインは含まれていない!と勘違いしてしまう人もいます。青汁を飲む場合は、材料によってカフェインが含まれている可能性も高いので、材料に何が使われているのか確認してから飲みましょう。

ノンカフェイン?カフェインレス?青汁を飲むなら2つの違いも確認

「カフェイン0」の他にも次のような言葉を商品ラベルなんかで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

  • ノンカフェイン
  • カフェインレス

この2つは表記の仕方により大きな違いがあるので、青汁を飲む人は違いを理解しておきましょう。まずノンカフェインについてです。

「ノンカフェイン」は、完全にカフェインが含まれていないという意味です。

つまりカフェインが含まれていない青汁を飲みたいと考えの人は「ノンカフェインの青汁」を探すようにしましょう。そうすれば知らずにカフェインを摂取していた、なんてこともないので万が一の過剰摂取も少なくなります。

次に「カフェインレス」ですが、こちらは「カフェイン0」と同様にかなりの少量のみ含まれているという意味です。

カフェインレスとかカフェイン0とみると一見カフェインが入っていないと思いがちですが、勘違いに注意しましょう。

かなりややこしいと思いますが、知らずにカフェインを摂取してしまう場面はかなり多いと思うので、青汁を飲むならノンカフェインとカフェインレスの違いを理解しておきましょう。

家族の健康のためにあまりカフェインを摂取させることなく青汁を飲ませたいです。初心者の人でも飲みやすいノンカフェイン、カフェインレスの青汁はありますか?
ノンカフェイン、カフェインレスで飲みやすい青汁はもちろんある。家族にカフェインを極力摂取させずに健康維持が可能だ。苦くて飲みづらくても挑戦することが重要だぞ。

青汁には1杯で過剰摂取するぐらいのカフェインが含まれている!?

カフェインが含まれている青汁には、どれくらい含有されているのか?気になると思いますが、具体的に知ることはできません。材料からどれくらい、と予測することしかできないので、正確な数値を特定することは不可能です。

どれくらい含まれているのか分からない、となると次は青汁を飲むとカフェインの過剰摂取になるのか、という問題点が上がります。この点についてですが、あまり考えすぎる必要はありません。

青汁にカフェインが含まれているといっても、大量に含まれていることは少ないです。ただし、大量に含まれていないといってもカフェインが含まれている青汁を10杯とか20杯など、1日に大量に飲んでしまうとカフェインの過剰摂取となってしまいます。

青汁は健康に良いし、最近は飲みやすく工夫されているものも多いので大量に飲みたい!と考える人もいると思いますが、青汁の飲みすぎには注意しましょう。

カフェイン入り青汁の特徴や効果!時間をかけてコツコツが重要

カフェイン入り青汁はカフェインの効果はもちろんのこと、含まれている野菜由来の効果にも期待できます。青汁に主に使われているのはケールとか大麦若葉、明日葉などですが、カフェインと同じような効果を持っています。

不眠症の改善やダイエット、美容効果にも期待することができるので、カフェイン入りの青汁は健康維持の他、美容面の維持が特徴であるといえます。

もちろん青汁に使われている材料によって効果や特徴も左右されるので、期待したい効果があるなら含まれている材料に注意しましょう。ただし、いくら健康維持や美容面に良いといっても青汁を飲み始めてすぐに効果を実感できるというわけではありません。

毎日続けること、それか何日かに一回のペースでコツコツ飲むことにより効果が出てくるので、青汁を飲むなら飲むことを習慣にしましょう。

青汁に含まれているカフェインが少量なら効き目はあまりないのでは?カフェインの効果がどれくらい持続するのか知りたいです。
確かにカフェインが少なすぎると効き目がないこともある。カフェインの効果に期待したいなら摂取量を調整する必要があるぞ。持続時間は人により左右されるが、健康な人なら4時間から6時間は効果が持続するぞ。

健康に良い青汁!飲む量を調節して家族で飲もう

青汁は女性の人を始め、男性の方でも子供でも問題なく飲むことができます。

結婚して家庭を持っている人は、家族で飲むことができるので、健康維持、美容維持の為に飲んでみてはどうでしょうか。

女性の方なら健康維持と美容効果に、男性なら仕事で疲れた脳の疲れの解消、子供ならば野菜不足の解消といった効果に期待できます。すぐに効果が現れるわけではありませんが、コツコツ続けることで効果に期待できます。

カフェインが含まれている青汁もありますが、量を間違えなければ特に問題ありません。最近は飲みやすい青汁なんて商品もあるため、苦いものが苦手という人も少し我慢すれば飲むことができます。まだチャレンジしたことがない人はこの機会に挑戦してみてはどうでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.