子供が青汁を飲めるのはいつから?青汁の効果とおすすめの理由を解説

青汁を飲むのはお年寄りといった大人の人のイメージがあると思いますが、最近は若い人でも飲んでいる人は多いです。理由としてはやはりその効果にあります。例えばダイエットとか美容といった効果の為に若い人が飲んでいることがあります。

さらに、青汁は子供でも飲むことができ、子供用の青汁もあります。あまり子供に飲ませるイメージがないのでどういった効果があるのか?なぜ子供にオススメなのか知らない人もいますよね。

子供に青汁を飲ませた時の効果や青汁が子供にオススメな理由を紹介していきます。

子供がいつから青汁を飲めるか知りたい!2歳児でも飲める?

青汁は大人が飲むイメージがありますが、1歳や2歳の幼児でも飲むことができます。

1歳を超えて来ると幼児の消化機能も発達してくるので、病気・感染症などの心配も少なくなります。特に青汁にハチミツが使われていると感染症の心配があり、これを防げるのが1歳からと言われています。

青汁は生後5か月から6か月の子から飲ませることができますが、不安ならば1歳から飲ませるようにしましょう。

あまり多くあげすぎないように!子供に飲ませる青汁の量

市販の青汁はスティックになっている場合が多いですが、それ1つを子供に飲ませるのはオススメできません。

年齢にもよりますが、1歳児ならばスプーン1杯でも問題ありません。これでも十分に効果があるので、あげすぎには注意するようにしましょう。ずっとスプーン1杯という訳ではないので、年齢が上がるごとに徐々に飲ませる量を増やしていきましょう。

青汁を飲ませると、含まれている成分によっては子供がアレルギーを起こすこともあるため、少量から与えることでアレルギーを防ぐ効果もあります。

しばらく少量を飲ませてアレルギーが出るならば、すぐに飲ませるのをやめるようにしましょう。その後は様子見とか心配ならば医師に相談してみるのも良いでしょう。

青汁が子供にオススメなのは、ズバリ栄養価とその効果にある

青汁が子供にオススメの飲み物なのは、その栄養価の高いところですね。

ビタミンを始め食物繊維やミネラルが特に含まれています。この3種類の栄養は子供が不足がちなので、青汁で不足分を補うことができます。

ビタミンAは風邪を引きにくくしてくれるため、風邪を引きやすい子供には欠かせない成分ですね。ビタミンBは栄養の吸収を助けてくれるし、口内炎や口角炎になりにくくなります。ビタミンDも含まれていて、青汁に豊富に含まれているカルシウムの吸収を助けてくれます。

カルシウムは骨や歯を丈夫にしてくれるし、成長には欠かせません。カルシウム不足だと成長に悪影響を与えるだけではなく、子供がイライラしやすくなっています。カルシウムも子供が不足しがちな栄養なので、青汁で補給させましょう。

同じミネラル類だと鉄分も豊富に含まれています。不足すると貧血を起こしてしまう恐れのある成分です。他にも不足するとイライラしたり、集中力が散漫になってしまったりします。

最後に食物繊維ですが、これは主に腸内の環境を整えてくれます。便秘の解消とか体内の不要物を排出してくれます。食物繊維も子供が不足気味の成分の1つで、便秘になっている子供も多いと聞きます。

便秘になってしまうと腸内の環境が悪くなり、体に悪影響なので食物繊維は欠かさないように注意しないといけません。子供は野菜が苦手という子が多いと思うので、野菜不足になりがちです。

それを解消してくれるのが青汁なので、野菜が苦手という子供の為に青汁を飲ませてみてはどうでしょうか。

青汁を子供に飲ませる理由はなにかしら?どのような子供に青汁はオススメなのか知りたいわ。
青汁は野菜嫌いな子供にオススメだぞ。野菜が不足すると体調不良や便秘になってしまうから、青汁で足りない分を補うとよいだろう。子供に飲ませる時は少量ずつ飲ませるようにするんだぞ。

子供用の青汁を選ぶポイント!選ぶ時に注目したいのは6つ

青汁といっても最近は数が多く、選ぶのも一苦労です。大人用の青汁も多く、子供に飲ませてしまうとアレルギーなどが起きる可能性もあります。そういったことを避けるために、子供用の青汁を選ぶ時のポイントを紹介していきます。

まずは、「子供用の青汁」を選ぶようにしましょう。

子供向けに作られている青汁は子供が飲むために作られているため安全性も高いです。

選ぶポイント1!子供用には添加物が少ない青汁を選ぼう!

子供用の青汁を探すときのポイントの一つが添加物を使っているのかという点です。青汁は飲みやすくするために、人工甘味料が使われていることも多くなっています。他にも保存料や着色料といった添加物が使われていることも多いです。

確かに添加物が使われていた方が、衛生面とか味の問題で優れていますが、子供に飲ませるなら添加物は含まれていない方が良いです。添加物は健康に悪影響を与える可能性もあります。全く添加物が使われていない青汁を探すのはなかなか難しいですが、できるだけ添加物が少ない青汁を探すようにしましょう。

選ぶポイント2!原料や野菜に農薬が使われていないか

青汁で使われている原料は主に「ケール」「明日葉」「大麦若葉」です。子供用の青汁を探すならば、これらの原料を栽培している時に農薬が使われていない方が良いです。農薬が使われていると「残留農薬」の心配もあるため、農薬が使われていない方が安全性も高いです。

また青汁といっても先ほど紹介した原料だけではなく、その他の野菜も使われています。その他の野菜が栽培する時に農薬が使われているという可能性もあります。そのため、その他の野菜にも農薬が使われているのか確認しておきましょう。

もし農薬が使われていたならば、「残留農薬テスト」に合格しているのか確認してみましょう。合格していれば安全性も高いので、子供が飲んでもリスクも少ないといえます。

農薬の確認の仕方ですが、Webに公式サイトがあればそこの商品説明で確認できます。それでも確認できなければ、販売元に電話連絡をして自分で直接確認してみるようにしましょう。万が一ということがないように、子供に青汁を飲ませる時に不安なら自分で確認をしてみましょう。

選ぶポイント3!青汁の原料の産地がどこなのか、日本ならなお良し!

次に青汁を選ぶポイントは原料の産地がどこかというポイントです。日本にお住いの人はやはり産地が日本の方が安心できますよね。青汁の中には外国が産地の原料を使っていることもあるので、購入前に必ず産地の確認をしましょう。

また、産地が日本でなくても産地が明確ならば外国産でも安心できます。どうしても外国の産地のものが使われているのがイヤだ!という人なら仕方ないですが、原料の産地が外国の青汁でも問題ありません。

原料に合わせて青汁に使われている産地も確認しておきましょう。原料の産地は日本だけど残りの野菜の産地が外国ということもあります。確認方法は、Webサイトで確認する方法と電話でと言わせてみるという方法があります。

選ぶポイント4!青汁にカフェインが含まれていないものを選ぼう

子供に飲ませるなら青汁にカフェインが含まれていないのかも、確認しておきたいポイントです。もし含まれていても青汁には含まれている量が少ないので、影響は少ないですが、カフェインは含まれていない方が良いです。

カフェインが含まれている青汁を飲ませてしまうと、睡眠が阻害されてしまうというデメリットがあります。子供が睡眠できないと体を成長させるホルモンの分泌が減ってしまい成長が遅れてしまいます。

ただの睡眠阻害!と軽く考えずに、子供に青汁を飲ませるならカフェインが含まれていないものを選びましょう。お茶とか抹茶、砂糖などが青汁に使われていると青汁にカフェインが含まれています。

ポイント5!青汁に子供が不足しがちな栄養・成分が含まれているか

青汁を飲ませる理由としては、日ごろ不足している栄養を補給する、という理由が多いでしょう。必要な栄養が含まれていなければ、青汁を飲ませても意味がないのでどんな栄養が含まれているのか確認しましょう。

ほとんどの青汁はすでに紹介している通り、「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」が含まれています。その中でも子供の健康に良い成分は以下のものです。

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 鉄分

子供は野菜不足になり、栄養が不足になりがちです。幼児や小児用に青汁を探すならば、含まれている成分にも注目してみてください。

最後はやはり味!子供でも飲みやすい青汁を探してあげよう

青汁というと苦いイメージがあるため、子供に飲ませる時に味が心配になりますよね。味の心配もする必要はなく、子供でも飲みやすい青汁もあります。実際に市販の商品にあるので、紹介していきます。

商品名 こどもフルーツ青汁 「赤の恵み」
メイン原料・産地 大麦若葉・日本
保存料・着色料 無添加
人工甘味料 なし
残留農薬テスト 合格済み
カフェイン なし

こどもフルーツ青汁という青汁は名前の通り子供向けの青汁ですね。原料は大麦若葉で、ケールのように苦みも少ないので飲みやすいといえます。さらにフルーツも使われているため、味もかなり改善されているため子供でも飲みやすいでしょう。

安全性もメイン原材料の産地は日本で、保存料や着色料、人工甘味料が使われていないのでとても高いです。残留農薬テストも合格済みでカフェインも含まれていないので、子供にもオススメできる青汁です。

公式サイトで詳細が見れるほか、商品の注文ができます。無料サンプルもあるため、子供に飲ませて試すことも可能です。

子供用の青汁を探しているならば、まずはこどもフルーツ青汁の詳細を確認してみてください。

いつでも飲めて手軽な青汁ってないの?時間があまりないから手間をかけずに飲める青汁があるなら知りたいな。
青汁にはいくつかタイプがある。いつでも飲めて手軽なのが粉末タイプの青汁だ!粉末を溶かせる水などがあればいつでも飲めるし、持ち運びも簡単だ。時間がない時にも飲めるから、いつでも飲める青汁なら粉末タイプが良いだろう!

青汁は良い事ばかりではない!?子供に飲ませる時の注意点

青汁を子供に飲ませるのはOKですが、良い事ばかりではありません。注意点もあるので、子供に青汁を飲ませるなら覚えておきましょう。気を付けたいのは、飲ませるようですね。

前述していますが、子供が小さいなら特に飲ませる量には注意しましょう。1歳になったばかりならスプーン1杯だけでOKです。徐々に飲ませる量を増やしていくようにしましょう。

適量がわからないという人は、販売元に確認してみましょう。

青汁を飲み過ぎると副作用が出る!症状が出たら飲ませないように

青汁を飲ませすぎると副作用が出ることもあります。

主に以下のような症状が出ることがあります。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 吐き気

栄養豊富な反面、逆にそれが副作用にもつながります。例えば食物繊維が豊富ですが、摂取しすぎるとお腹がゆるくなりすぎて下痢になってしまいます。子供に症状が出ているのか確認が難しいかもしれませんが、青汁を飲ませるならば注意しておきましょう。

少しでも症状が出たならば飲ませるのをやめるか、量を減らして飲ませてみましょう。心配ならば医師に相談するとよいでしょう。

ダイエットや美容といった大人用の青汁は子供には向かない!?

青汁の中にはダイエットや美容が主目的な商品もありますよね。そういった青汁の中にはダイエットや美容の有効成分が含まれていることがあります。そういった成分が子供には悪いので、子供に飲ませるなら有効成分が含まれていない青汁を選ぶようにしましょう。

新たに子供用の青汁を購入するのが勿体ないなどと考え、大人用の青汁を飲ませないようにしましょう。

青汁を飲んでも野菜は食べよう!代用はできない

青汁にはたくさんの野菜が含まれているため、青汁を飲んでいれば野菜を食べる必要はないのでは?と思うでしょう。確かに青汁を飲んでいれば問題ありませんが、それでも不足する栄養もあるので野菜も食べるようにしましょう。

青汁というと市販の粉末青汁ですが、この粉末青汁にもデメリットがあります。それは生野菜で食べた時よりも摂取できる栄養が少なくなるという点です。粉末青汁は一度加工されているので、その時点で栄養が抜けてしまっています。

生野菜はそういったことがないので、吸収できる栄養も多いです。青汁を飲むならば、一緒に野菜を食べることも忘れないようにしましょう。

アレルギーに注意!青汁を飲むなら原料を要チェック

青汁でアレルギーが出ることは少ないですが、人によってはアレルギー反応が出ることもあります。例えば子供用にオススメしたこどもフルーツ青汁も、原料は大麦若葉でアレルギーを気にする必要はなさそうですが、他の素材でアレルギーが出ることもあります。

商品によってはアレルギー成分のことが書かれていることもあるので、子供用に青汁を購入する時に成分をよくチェックしてください。

青汁は続けないと効果が出ない!子供用は飲みやすいものを

よく勘違いしがちですが、青汁は1~2回飲んだだけでは効果が出ません。最低でも月単位で飲み続ける必要があるので勘違いしている人はその考えを改めましょう。

長く飲み続けなければいけないので、子供に青汁を飲ませるなら飲みやすいものを選びましょう。飲みにくいものだと続けることができずに、効果が出ないこともあるので注意してください。

子供は甘い青汁を飲んじゃいけないの?苦い青汁は飲みたくないなー
添加物が使われていない甘い青汁はあるのかしら。子供に飲ませるために、苦くない青汁があるのか知りたいわ。
添加物が使われていない青汁でも甘いものはあるぞ。例えば果物が使われている青汁は甘くて飲みやすくなっていることが多い。子供に飲ませるならば果物が使われているものを選ぶと良いだろう!

苦いのが苦手な子供でも青汁をおいしく飲ませる方法

市販の青汁を子供に飲ませる場合は、市販の粉末タイプになることが多いです。飲みやすい粉末タイプといっても、どうしても子供が飲んでくれないということもありますよね。そういった時には一工夫することで飲んでくれることもあります。

例えば青汁だとわかりにくくする方法ですね。粉末を料理に混ぜることでわかりにくくして飲ませる方法です。最近はWeb上のレシピも豊富なので、青汁が使われていることがわかりにくいレシピを試してみるとよいでしょう。

簡単なのは飲み物に粉末の青汁を混ぜること!

簡単な方法は飲み物に混ぜてしまうという方法です。例えば牛乳とか豆乳、ヨーグルトに混ぜることができます。子供に青汁を飲ませる場合は、粉末の量も少なめで良いのでわかりにくくすることができます。

他にはコーンスープとかシチューなどに混ぜるのも有りです。こちらも牛乳などと同様に飲みやすくなるので、青汁を飲んでくれない子供にオススメと言えます。粉末タイプの青汁は他のタイプに比べるとアレンジ性がとても高いです。

自分で考えて混ぜてもいいですし、子供の好きな飲み物に混ぜて飲ませてみるというのも良いでしょう。

子供に飲ませるなら自分で青汁を作ってみるのもOK

青汁は自分で作ることもできるので、子供でも飲みやすい青汁を自分で作る方法もあります。ただし、材料を自分で用意しないといけないし作るもの自分でやらなくてはいけないので手間がかかります。

ただ、自分で作るということは材料を一から選べるので、自由度も高いです。果物を混ぜて飲みやすくするということもできるし、うまく作れれば市販も商品よりも飲みやすいものが出来上がります。

作った青汁をホットケーキとか蒸しパンに混ぜてみるということも可能です。お菓子感覚でゼリーにして食べるという方法もありますね。レシピは沢山あるので、既存のレシピを試してもいいし、自分のオリジナルを作ってみるのも良いでしょう。

青汁を自作する時に野菜以外を使ってもいいのかしら。飲みやすくするために果物も使おうと思うのだけど。
自作する時に野菜以外の果物を使ってもOKだ!果物が使われていると正式にはスムージーというものになる。似たような効果があるが、野菜と果物の成分が一緒に摂れるから子供にもオススメだ。

青汁は2歳児でも飲める!野菜嫌いの子供には青汁がオススメ!

青汁は2歳児でも飲むことができ、最短だと生後5か月から6か月の赤ちゃんから飲むことができます。

この年齢だと市販の青汁の1包でも量が多いので、スプーン1杯から徐々に量を増やして飲ませるようにしましょう。スプーン1杯から飲ませることで、栄養の過剰摂取も防げるしアレルギー反応を見ることもできます。青汁を飲むと、アレルギーが出ることもあるので幼児に飲ませる時には十分注意しましょう。

青汁には「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」という栄養が豊富でどれも子供の成長には欠かせません。ビタミンは病気の免疫力の向上になるし、ミネラルは体の成長とか貧血の防止になります。食物繊維は便秘対策になるし、不要物を体内から排除することができます。

子供は野菜不足になりやすく、青汁は野菜不足の解消にもなります。野菜不足になると、成長にも支障が出るし体調が悪くなってしまうこともあります。青汁は苦くて子供は飲めないと思いがちですが、飲みものに混ぜるとか料理に混ぜるなどレシピを工夫すれば飲みやすくできます。

市販の青汁にも飲みやすい商品が多いので、子供でも苦みを感じることなく青汁を飲むことができます。購入する時は産地が明確で日本産の物、添加物が使われておらずカフェインが使われていない青汁が子供にオススメです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.