青汁がコレステロールを下げるのはなぜ?青汁が持つ4つの成分と効果

日ごろの食生活においては、肉をよく食べる人や甘いものが大好きな人など、食に関して好みは人それぞれです。

実際に健康診断で体をチェックすると、コレステロールの数値が高くてショックを受けるといった人は多く、指摘されたら改善しなければいけなくなります。

コレステロールが高いと生活習慣病になる恐れがあり、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞につながり、最悪の場合は死に至ります。

何とかしてコレステロールを下げないといけませんが、ここで効果的とされるのが青汁で、飲み続けることでコレステロールの低下に期待できます。

青汁を飲むとどうしてコレステロールが下がるのか、そしてどのような飲み方が効果的なのか、どんな商品がいいのかを説明します。

どうして下げるのか?青汁のコレステロールへの効果

青汁にはケール・大麦若葉・明日葉などの野菜が使用され、これらの原料によって栄養素が豊富に含まれています。

含まれている成分にはコレステロールを下げる効果が期待できるものがあり、以下のようなものがコレステロールを下げる代表的な成分といわれています。

  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 食物繊維

まずビタミンB群が、コレステロールが酸化して血管に付着するのを防ぎ、血液系の病気を防ぐ効果があります。

ビタミンCはコレステロールを胆汁酸に変える性質があり、積極的に摂取することで胆汁酸に変えることを活発にし、排出を促していきます。

ビタミンEは、血液中に固まって血流を悪化させているコレステロールを分解し、血液の流れをよくしていきます。

食物繊維は便秘解消に効果的な成分として知られ、特に水溶性のものはコレステロールの排出に効果的で、体内に吸収されるのを防いでくれます。

青汁にはこんなに効果があるんだね~。コレステロールが減らせるから、ママとパパにもうれしいね。
以上のポイントを整理すると、青汁にはコレステロールの酸化防止・排出・分解・吸収防止の効果があるんだ!みんな、覚えておくように!

何が違うのか?中性脂肪とコレステロールの特長

体内で蓄積される脂肪には、中性脂肪とコレステロールの大きく2種類に分けられ、それぞれ体内に存在することで悪影響を与えます。

コレステロールは血液中に含まれている脂肪分で、役割の異なる悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールがあります。

悪玉は肝臓で生成されたコレステロールを全身に運び、善玉は体内のコレステロールの余剰分を回収する役割があります。

善玉・悪玉のバランスは体内においては重要で、悪玉が増えすぎると体に悪く、善玉が少なすぎるのもよくありません。

一方で中性脂肪は、体内で消費しきれなかったエネルギーが皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されたもので、増えすぎると血液がドロドロになり、コレステロールのバランスが悪くなります。

中性脂肪は本来体調を整える役割を持っていますが、増えすぎることで体に良くないといわれるようになります。

中性脂肪を下げるのも青汁が効果的で、原料の明日葉などに含まれるポリフェノールが中性脂肪の分解を促進し、血糖値の低下や動脈硬化の予防などにも働きかけます。

中性脂肪は増えすぎたら大変なんですね。僕も気を付けなければいけませんね。
中性脂肪もコレステロールも、体にある程度必要なんだ!増えすぎを抑えるためには、青汁を飲むことがおすすめなんだ!

コレステロールを下げるために!青汁の効果的な飲み方

青汁を飲み続けるには、パッケージに表示されている「1日に○袋を目安に飲む」ということに注目して、それにしたがって飲み続けることが大事です。

1日の生活の中で青汁を飲むときは、コレステロールを下げるためなら食事と合わせて摂るか、食膳に飲むと効果が期待できます。

青汁は粉末タイプなら一般的に水で割って飲むことが多いですが、その他の飲み物と割って飲むとさらに飲みやすくなります。

牛乳と割って飲むと、牛乳に含まれるカルシウムが脂肪の吸収を抑え、青汁と合わせることでコレステロールをさらに下げることができます。

従来の青汁よりもさらに豊富な栄養素を摂取するなら豆乳や野菜ジュースと合わせて飲み、ダイエットに期待するならヨーグルトと混ぜて摂取することがおすすめです。

牛乳などと混ぜて飲んでもいいんですね。これなら、飽きずに飲み続けられるかもしれません。
ただし、飲みすぎには注意しないといけませんよ!その他の食材を使用するなら、ハチミツなんかも入れてみよう。

効果に期待できるものを!青汁の商品の選び方

コレステロールを下げるなら、青汁を飲むことがおすすめなのですが、商品の種類が多くてどれがいいか悩むことがあります。

実際に商品を選ぶポイントとしては、原料に大麦若葉・ケール・明日葉を使用しているものが最適です。

その中でもトクホの青汁がおすすめで、中でも大正製薬の「ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン」はコレステロールを下げる効果があると評判です。

コレステロールを下げることに特化した青汁で、血中のコレステロールを下げる効果がある「キトサン」が配合されています。

大正製薬が実験・開発しているので、トクホの認定を受けていることから、安心して飲むことができます。

キトサンは、血中コレステロールを使って胆汁酸に変える作業を繰り返し行う作用があり、これによってコレステロールを下げる効果があります。

トクホの商品だったら、安心して飲めるのでいいですよね。健康を意識しようと考えてたので、ちょうど良かったです。
基本的には大麦若葉・ケール・明日葉を使用しているものがおすすめで、今回のキトサンが含まれているものはその一例なんだよ。

コレステロールが下げられる!青汁の効果と利用方法

青汁にはコレステロールを下げる効果があり、体内ではコレステロールの酸化や吸収を防止し、分解や排出を促します。

また、中性脂肪の減少にも効果が期待でき、明日葉などに含まれるポリフェノールにその効果があります。

コレステロールを下げる効果が得られるように、飲み続けられる工夫をし、効果が期待できる商品を選ぶようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.