青汁とは?定義・特徴やほかの飲み物との違いをわかりやすく説明!

豊富な栄養がありながら、その独特の味から一時人気が低迷していた青汁。しかし、風味が劇的に改善され、飲みやすくなり再び注目を集めています。でも、青汁以外にも野菜ジュースやスムージーなど、野菜の栄養が手軽にとれる飲み物はほかにもたくさんあります。

数ある栄養補助食品の中でなぜ青汁がえらばれるのか?青汁の何がほかの栄養補助食品よりすぐれているのかを検証してみました。

まずは、青汁の基礎知識から!その定義とは

青汁は、主に緑色の葉物野菜を絞った汁のことを指します。

原料になるのはケール、大麦若葉、明日葉、クマザサなどです。

少し前は青汁の主流はケールでしたが、独特の苦味やクセがあり、飲めないという人も少なくありませんでした。

いまは、さらっとして飲みやすい大麦若葉を使った青汁が主流となっています。飲みやすくするために、甘味のある果物や野菜と組み合わせたおいしいものが多く、毎日でも飲めるものが多くなりました。個人の好みに合わせて味の選択肢が増えたのは喜ばしいことですよね。

青汁も進化しているんですね。でも、スムージーや野菜ジュースとあまり変わらないような気がしますが…。?
葉物野菜を搾った汁をメインに使っているのが青汁だ!一緒に入っているほかの野菜や果物はあくまで風味付けや飲みやすくするための補助的な材料なのだということをおぼえておいてくれ!

戦後、栄養不足解消のために飲まれ始めた青汁

最近にわかに注目をあつめている青汁ですが、その歴史は以外に古く、平安時代の医学書『医心方』にすでに登場していることが確認されています。この青汁は何種類かの野菜の汁を絞ったものだったようです。昔の人も健康には気を使っていたのですね!

今の青汁の基礎ができたのは1943年ころといわれています。戦後の食料不足で日本人のほとんど、慢性的な栄養失調に苦しんでいた時代です。これを解消する目的で、栄養価の高いケールを絞った汁が『青汁』として売られるようになりました。

ふーん。昔は食べ物が少なくて大変だったんですね。でも、緑黄色野菜から出来てるのになぜ『青汁』になったんですか?
それは、昔の日本では色は『白』、『黒』、『赤』、『青』の4つで表現していたからだ!緑色の葉物野菜の類は、今でも青菜と言われている。発明者の奥様が『青汁』と名づけたのが最初なのだ!

青汁人気が再燃した理由とは。飲んでいるのはこんな人!

数ある栄養食品の中、青汁が選ばれるのには、以下のような効果が期待できるからです。

  • 日ごろの野菜不足を補う
  • 便秘解消
  • ダイエット効果がある
青汁の栄養価は様々なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。外食の多いサラリーマンや、美容を気にする女性にも選ばれています。また、青汁はお通じをよくする食物繊維も豊富です。青汁を飲み続けることで便秘を解消した例は枚挙にいとまがありません。

さらに食物繊維は食事の前にとると糖の吸収を緩やかにし、肥満の原因であるインシュリンの吸収を抑えることがわかっています。

手軽で飲みやすい青汁はダイエットにもピッタリです。

野菜不足が解消できて、便秘も解消できるなんて、ユメにぴったりですね!でも、小さい子に飲ませても大丈夫かしら?小さい子に飲ませるのに注意点はありますか?
青汁は繊維質が多い。最初から大量に飲むとおなかがゆるくなることもあるから、少量から始めることだ!冷やしすぎもおなかを壊すことがあるから、冷たい水や牛乳はさけたほうがいいぞ!

海外でもaojiruは大人気!その理由とは

最近は海外で日本食がブームになってますが、実は青汁もかなり人気になってきています。

アメリカのamazonで青汁を検索すると、非常に高い評価を得ていることがわかります。リピーターも続出しています。

『便秘が治った!』『完璧な美容食品!』『にきびが改善された』『最初は違和感があったけれど、なれるとおいしい』海外でも青汁の健康効果を実感している人が多いのですね。日本製ということも大きな信頼を得ている理由の一つです。

外国でも評価が高いなんて、ちょっと嬉しいですね!でも海外では青汁って通じるのかしら?
最初は『green juice』として売られていたが、最近ではそのままずばり『aojiru』で通用するようになってきているぞ!日本語のパッケージでそのまま売られているものもあるのだ!日本でも人気になっているグリーンスムージーを追い越しそうな勢いなのだ!

青汁が他の栄養補助食品より優れている点を知りたい!

青汁以外にも、野菜ジュース、トマトジュース、スムージー、サプリメントなど優れた栄養補助食品は多数あります。

しかし、栄養の豊富さとバランスのよさという点では青汁が一番すぐれています。

野菜ジュースも栄養は豊富ですが、毎日飲むとカリウムの取りすぎや塩分過多の心配があります。トマトジュースも栄養はありますが、青汁に比べると栄養の多様さに欠けるのが難点です。また、トマトジュースは塩分が入っているものもあり、やはり塩分過多が心配されます。

サプリメントは飲みやすく、価格もお手ごろなものが数多くあります。

しかし、製造の過程で添加物を使用している可能性があるので、注意が必要です。

野菜ってくさいし、苦いからいや~!スムージーとかジュースのほうが甘くておいしいのに~。どうしてパパもママも青汁飲みなさいって言うの?
たしかに、果物を多く使ったジュースはおいしいが、それだけ糖分も多いということだ!甘い飲物を飲みすぎると体に悪いし、大きくなれないぞ!青汁は糖分も少なめで毎日飲んでも安心なのだ!

青汁だけでは本当に健康な体は手に入らない!生活を見直そう!

健康は規則正しい生活とバランスのとれた食事が欠かせません。

いくら体にいいからといっても、青汁に頼り切りになるのも問題があります。青汁を飲む以外にも、自分の生活の問題点をチェックして、改善を目指しましょう!

青汁とスムージーの違いを解説!ダイエットするならどっち?

青汁やグリーンスムージーはダイエットや美容、健康維持ができると話題になることが多いです。ですが青汁とグリーンスムージーを同じだと思い、違う点がわからずに飲んでいる人も多いです。 確かに似たような効果に期待できますが、青汁とグリーンスムージーには違いもあるので、飲むなら事前に違いを知っておきましょう。それぞれどんな人にオススメなのか知っておけば、青汁とグリーンスムージーを選ぶ時に迷わなくて済む

青汁の歴史を紹介!現代に至るまで人々に飲み続けられる理由とは?

青汁の歴史について案内しています。今では高い認知度を誇っている青汁ですが、多くの人が知っている情報は、歴史ではなく成分というケースが多いので、歴史を1つずつ確かめる形で、青汁の詳細を案内していこうと思います。 また、案内の中でなぜ青汁は緑色になったのか、という情報もまとめています。歴史や健康面だけでなく、青汁の豆知識を学びたいという人にも役立つ情報が満載となっていますので、青汁に詳しくなりた

青汁の市場規模や動向を徹底調査!再ブームが到来した理由とは?

主に、青汁の市場規模について案内しています。青汁というと、高齢者などが良く飲んでいる健康に良い飲み物と思われることもありますが、今では、若い人から高齢者を含めて市場規模が拡大している状態です。 なので、今回はなぜブームになったのか、どのような要因が重なって青汁は人気なのかを明確にしていく形で、青汁人気を調査していきますので、これから青汁を飲みたい、青汁の詳細が気になっている人にとって役立つ情
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.