青汁に含まれる葉酸とは?摂取するメリットと妊婦におすすめの理由

青汁には葉酸が含まれていますが、健康に良いという理由だけで、葉酸を摂取するのは良くありません。

というのも、正しい摂取方法を知っておく必要もありますし、効率的に摂取できる青汁が、なぜ今のような高い評価になっているのかも知っていると、葉酸だけでなく、葉酸の栄養を助長してくれる栄養についても詳しくなれるからです。

注目が集まっている葉酸!段々と解明されてきている葉酸パワー

今では、葉酸が含まれている青汁、サプリの人気が上がってきています。

というのも、葉酸には以下のような栄養効果が存在するからです。

  • 老廃物の排出
  • 造血作用
  • 動脈硬化の対策

老廃物とは、体内に溜まっている毒素などを主に言います。若い人であれば、老廃物はあまり溜まっていないと思われることもありますが、運動不足、暴飲暴食といった不健康な生活が影響すると、老廃物が蓄積しやすい体になるので、年齢とは無関係に老廃物の対策を取らないといけません。

しかし、肝心の老廃物の対策につながる食事療法があまり存在せず、青汁を含む野菜ドリンクを常飲されている人でなければ、老廃物が蓄積する一方なのです。また、老廃物が蓄積していくと以下のような問題が発生することもあります。

  • 内臓が弱りやすい
  • 冷え性にかかりやすくなる
  • 下痢、便秘にかかりやすくなる

毒素が溜まっている体は、上手く汗をかけない体と言われることがあります。実際に、人は年をとるほどに汗をあまりかかない体になり、代わりに冷え性、むくみになりやすく、元気が無いので内臓が弱りやすい状況に陥りやすくなるのです。

しかも、胃腸が特に弱りやすいという問題が発生するため、この問題を長く放置されていると、結果的に下痢、便秘にもかかりやすくなってしまいます。近年では、このような不調を改善するために、葉酸が多く含まれている青汁を飲む人が増えているのです。

また、葉酸には副作用、デメリットがまったく存在しません。ミネラルのような成分と同じで、急に大量摂取するような生活を送らない限りは、葉酸による悪影響は起きないとされているのです。

葉酸は、体が弱っている人に効果的なの~?それならユメみたいな子どもは、青汁を飲んでもほとんど意味がないってことなの~?
青汁は、子どもが飲んでも効果があるんだぞ!近年では、欧米食ばかりの生活を続けている影響で、子どもであっても便秘に悩まされる子どももいるから、子ども用の青汁も存在するんだ!

葉酸が多く含まれている!?青汁は本当に健康になれる飲み物?

一般的な食事ではあまり葉酸を摂取できませんが、青汁であれば、吸収効率を高めたうえで多くの葉酸を吸収できるようになります。

また、青汁の裏面には青汁に含まれている栄養量が書かれていますので、栄養が気になる方は、まず裏面を見てから青汁の購入を検討したほうが賢明です。ちなみに、青汁を飲むとどの程度の葉酸を摂取できるのかは以下のとおりとなります。

  • 多いものでは100μg
  • 平均では20μg
  • 少ないものでは0μg~5μg

青汁を購入する上での注意点となりますが、青汁イコール葉酸が多い飲み物というのは一般論でしかありません。上記のリストを確認するとわかりますが、葉酸は最近になって注目されるようになった栄養でしかないので、5μg以下の葉酸しか含まれていない青汁も存在します。

また、葉酸の1日の摂取量は400μgと定められており、1000μgを摂取すると過剰摂取という扱いになるので注意してください。1日の摂取量を野菜で摂取する場合は、ほうれん草1束を丸々食べないといけず、3分の1束の場合は、110μg前後しか摂取できません。

つまり、あまり野菜を食べない人の場合、常に葉酸が不足している状態で生活を続けているのです。

青汁を飲むという行為は、このような不足しがちな栄養を補えるというメリットがあるため、今では、老若男女問わずで高い評価を得ているのでしょう。ちなみに、青汁の公式サイトでは含まれている栄養だけでなく、どのような野菜から栄養を抽出しているのかも明らかにしています。

そのため、葉酸について公式サイトで調べてみると、以下のような野菜の名前を見かけることが良くあります。

  • ケール
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • そら豆
  • えだ豆
  • なばな
  • 芽キャベツ

ケール、大麦若葉、明日葉と呼ばれる野菜であり植物の葉は、ほぼすべての青汁に含まれていると思って問題ありません。これらの植物の葉には、冷え性を改善してくれる効果があり、この効果こそ葉酸によって発生する良い影響なのです。

また、葉を雑にすりつぶして混入しているのではなく、粉状になるまですりつぶしたものを混入しているので、青汁のパックを開封すると、青、もしくは緑の粉が様々に詰まっていることを確認できます。つまり、ブロッコリーといった味、臭いが独特なものであっても、あまり気にせず摂取することが可能なのです。

他にも、青汁には滋養強壮効果がありますので、最近になって、体力が安定しなくなった、寝付きが悪くなったと感じている人も、青汁であり、葉酸の効果で健康的な体を取り戻すことが可能になっています。

葉酸は大量に摂取しないといけないの~?栄養を考えながら青汁を飲むのは大変だと思うの。
青汁のパックを見ると、どの程度の摂取量で1日に必要な摂取量に届くか、そのようなアドバイスも書かれているんだ!なので、毎日の健康を改善したい場合は、そのアドバイスに従って青汁を1パック、もしくは2パック飲むだけで良いんだぞ!

葉酸の摂取と注意点!妊婦も摂取したほうが良い理由はなに?

今では葉酸の効果が知られるようになってきたため、妊婦も青汁を通じて、適切な葉酸の摂取を行うケースが増えてきました。

青汁は妊婦にも効果的と言われているのは、以下のような葉酸の良い影響を受けられるためです。

  • 流産のリスクを下げられる
  • つわり、気持ち悪さを緩和できる
  • 貧血予防に効果的

近年において注目されているのは、葉酸を適切に摂取していると流産だけでなく、その他のリスクを下げられるという効果です。母胎というのは安全を求められますし、もし安全でない場合は、先天性障害を患った子どもが生まれる可能性もあるため、これらのリスクを考慮して青汁を飲む妊婦が多くいます。

また、葉酸がなぜ効果的なのかというと、それは、葉酸の摂取によりホモシステインの血中量が上がるといった、特殊なリスクを緩和してくれるからです。ホモシステインの血中量が上がってしまうと、赤ちゃんに与えないといけない栄養をスムーズに与えることができません。

このような事実が知られるようになってきたため、青汁だけでなく、葉酸に注目する人たちが増えてきたのです。また、青汁以外でも葉酸、もしくは血液に良い影響を与える栄養は存在します。

しかし、無理をして多くの栄養を摂取しようとすると、高血圧、立ちくらみといった問題が起きやすく、これは妊婦の体力を減らしてしまう行動につながることもあります。青汁の場合、定められた量を摂取すると、その行為に応じた栄養を正しく摂取できるのも魅力的です。

また、葉酸には造血作用がありますので、貧血予防につながると言われているのは本当のことです。女性によっては、妊婦として生活される前に食事制限を行っている人も多く、段々と栄養失調の症状が表に出てくるという人もいます。

しかし、青汁には葉酸だけでなく各種ミネラルも含まれています。ミネラルの中には、鉄分、マグネシウムといった血管の丈夫さ、血の巡りを良くしてくれる成分も含まれますので、青汁を飲み続けると、体が少しずつ健康な状態へと戻っていき、母胎そのものも丈夫になるというのは本当のことなのです。

また、妊婦にとって適切な葉酸の摂取量ですが、食事で摂れるとされる240μgだけでなく、青汁、もしくはサプリメントでプラス400μgを摂取されていると、葉酸の効果を多く得られるようになるとされています。今では、多くの妊婦が青汁を飲んでいるだけでなく、妊婦を意識した青汁まで存在しますので、青汁を飲む文化というのは、妊婦を含む健康になりたい人すべてに該当すると言えるのです。

補足となりますが、青汁に含まれる栄養はサプリメントで容易く得られるわけではありません。葉酸のみであれば、サプリメントからも十二分な栄養を得られるでしょう。

ですが、青汁には以下のような栄養も含まれており、体調不良、母胎の健康を考慮し、多様な栄養をまとめて摂取したいという場合は、サプリメントよりも青汁から栄養を摂取したほうが良いのです。

  • カルシウム:新しい筋肉、骨を作り出す際に必要な栄養
  • ビタミンB群:血液の流れを安定させる効果がある
  • ビタミンC:免疫力を高める効果がある

補足となりますが、青汁は1箱3000円前後で売られていることが多いです。サプリメントの場合、マルチビタミン、カルシウム、鉄分、葉酸のサプリメントを揃えるだけで3000円を超えることが多いので、コストパフォーマンスに関しても、青汁に軍配が上がりやすいという状況です。

青汁に含まれている葉酸は、お母さんにとっても大事な栄養なんだね!だけど、いつから摂取すれば良いのかわかりづらいな~。
どんなタイミングで飲めば良いのかも気になるな。青汁の葉酸は、通常の食事後に摂取しても問題ない作りになっているの?
妊婦として青汁を飲む場合も、一般の人と同じように飲んでも問題ないんだ!もし、健康について気になっている場合は、その時点から飲んでも問題ないんだよ!それと、食事と一緒に青汁を飲んだとしても、青汁に含まれているミネラル、食物繊維、葉酸は正しく摂取できるようになっているんだぞ!

メリットの多い青汁!ただし、自分の目的に合った青汁を飲んだほうがより効果的!

青汁というと、1日に1杯というイメージが定着しているので、妊婦であっても、1日に1杯だと思われている人が多くいます。

ですが、これは古いイメージでしか無いので注意してください。今では、過去に販売されていたものより飲みやすいものが増えていますし、野菜不足を解消できる栄養構成になっています。なので、ついつい油っこい食事を食べてしまった時、もしくは美容を強化したいと考えている時は、青汁を2パック以上飲んでも問題ありません。

ただし、使用上の注意点が青汁のパッケージに記載されているので、まずは、こちらを確認してから飲む量を調整すると良いでしょう。青汁に関する補足となりますが、近年では、お湯、ミルク、もしくは果汁ジュースに溶かして飲めるタイプのものもあります。

妊婦として青汁を飲む場合は、気持ち悪さを感じない飲み物を選択し、こちらに青汁を溶かして飲むようにすると、美味しいだけでなく、継続して健康になれる毎日を嫌がらずに続けていけるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.