青汁の歴史を紹介!現代に至るまで人々に飲み続けられる理由とは?

青汁の歴史について案内しています。今では高い認知度を誇っている青汁ですが、多くの人が知っている情報は、歴史ではなく成分というケースが多いので、歴史を1つずつ確かめる形で、青汁の詳細を案内していこうと思います。

また、案内の中でなぜ青汁は緑色になったのか、という情報もまとめています。歴史や健康面だけでなく、青汁の豆知識を学びたいという人にも役立つ情報が満載となっていますので、青汁に詳しくなりたいという方の参考になれば幸いです。

青汁の歴史はどのように始まった?青汁は栄養摂取を改善する飲み物

青汁の歴史というと、青汁のパックが発売されてからと考える人もおられるでしょう。

ですが、青汁の歴史は1000年以上の歴史があると言われているのです。

というのも、昔から青汁に良く似た製法、成分のものが多く存在したからです。一般的に知られているものは、戦後に開発、研究された青汁でしょう。

それまでは、日本最古の医書である医心方を参考にして作られたものが有名でした。しかし、こちらは葉に栄養があるというだけで、現代の青汁と同質のものを作れていたというわけではありません。

戦後になってから、遠藤博士が葉に存在する栄養に注目するようになり、さらに、当時の日本は食糧難ということもあり、栄養を求める人が多く存在していたため、青汁を通じて栄養を得ようという人が増えていったのです。つまり、現代のような栄養バランスを考えて摂取する飲み物ではなく、生活そのものを維持するために必要な飲み物だったというわけです。

遠藤博士の手により、青汁に使われている葉の存在が明らかになり、そして、一般の人に飲んでもらうための開発、研究が進んでいきました。

また、研究が進められていく過程でケールの存在が注目されるようになったのです。

今では、健康食品のほとんどで見かけるケールですが、青汁の場合はケール100%のものも珍しくありません。ケールには、ミネラル、ビタミンが多く含まれているだけでなく、高い安全性を保ったままで栄養を摂取できる強みも存在します。

補足となりますが、青汁に用いられる材料に関しては、農薬、もしくは化学肥料で栽培したものは使用しない、という信念も存在します。過去から現在にかけて、安全性を追求した飲み物であり、これは青汁の歴史で何度も確認できる、青汁の優秀さを物語っている信念でもあるのです。

青汁の歴史ってそんなに長いの~?長い歴史の中で、青汁はどんなふうに変わったの?
青汁には1000年以上の歴史があるんだぞ!最初は飲みやすさより栄養を追求していたが、今では、飲みやすさも改善された飲み物に生まれ変わったんだ!

緑色なのに青汁?なぜ青汁は緑汁という名称ではないのか?

青汁が緑汁という名称ではない理由は、昔の日本語との関わりがあり、昔は色を表す言葉が白、黒、赤、青だったので青汁という名称になりました。

また、青汁のみに特殊な表現が用いられているわけではありません。というのも、緑の野菜のことを青菜(あおな)というからです。

他にも、水、芽に関係しているものを緑という歴史が存在するため、青、緑は別物であるという考えも存在します。

緑は、自然を表す際に用いられることの多い言葉だったということを理解すると、なぜ緑汁ではないのか、という疑問も解消しやすくなります。

補足となりますが、海外では青汁のことをグリーンジュースと言います。日本の場合、歴史が影響して緑汁が青汁になるのですが、海外では、色合いを前提にしてグリーンジュースと言われることが多いのです。

また、青汁が有名になったきっかけは、以下のようなきっかけが関連していると言われています。

  • CMにより知名度が上がった
  • 罰ゲームのイメージが低下した
  • 整腸効果の高さが知られるようになった

青汁というと、「まずい!もう一杯」のCMが有名です。青汁関連のCMで、このCM以上に有名なCMは無いとされているほどの知名度なのですが、まずいことよりも、続けて飲むことのほうが大事ということを、青汁のCMで学ばれた人も多いでしょう。

それほどインパクトのあるCMなのですが、それと同時に、不味いので罰ゲームで使用しようという人たちも多くいました。ですが、今ではケール100%、子どもでも飲める青汁などが開発されているため、次第にこのような悪い評価が少なくなっていき、代わりに高評価が増えていったのです。

青汁は、10年以上の歳月をかけて人気を高めていきました。このような確かな歴史も存在するので、青汁は多くの人から愛されるようになったとされています。

他にも、今では整腸効果の高い飲み物が人気なので、青汁が有名になったという情報も存在するのです。整腸効果の高い飲み物は青汁以外にも存在しますが、青汁の場合は、健康状態を改善してくれるだけでなく、お腹周りの張りなどを改善してくれることが多いため、体調だけでなく、美容にも良いということで人気が安定しているのです。

青汁は、子どもでも飲める飲み物なの~?でも、なんだか青汁って不味そうな感じがするから、飲むのはちょっと怖いな~。
青汁の中には、味わいを薄めて飲めるものが多く存在するんだ!なので、味が気になるという時は、薄めてから飲むようにすると美味しく飲めるんだぞ!

今では高い評価が増えている!青汁が人気になっている理由

今では青汁のことを知らない人が少ない状況ですが、青汁の場合、以下のような栄養を摂取できるので人気が高いのです。

  • ミネラル
  • ビタミン
  • 食物繊維

昔は、ミネラル、ビタミンが豊富ということで青汁を飲んでいる人が多くいました。しかし、当時はミネラル、ビタミンの必要性が知られていないため、とりあえず健康に良いというイメージが先行していたのです。

しかし、今ではミネラルが新陳代謝に良いこと、ビタミンが内臓の健康、美肌などに良いことが知られるようになり、昔よりも、栄養成分表示が厳しいものになったという変遷が存在します。青汁の中には、ミネラル、ビタミンだけでも10種類の表記が成されているものもあるのです。

また、グリーンスムージーの影響で青汁スタンドも有名になりました。昔であれば、前述のミネラル、ビタミンを正しく摂取できていれば、健康、美容を改善できると思われていたのですが、今では、食物繊維が健康、美容に欠かせないことを知られている人が増えているため、青汁スタンドの利用者が増えてきたのです。

食物繊維はグリーンスムージーと言われる、野菜だけでなく、酵素も配合したドリンクを通じて摂取することができます。ですが、青汁は栄養成分が凝集されている飲み物なので、大量にドリンクを飲まないでも、多くの栄養を摂取できるという強みがあるのです。

また、現在の青汁スタンドについてですが、主に都市部で、多くの青汁スタンドが出店する状況となっています。東京の場合、渋谷、銀座にも青汁スタンドが存在します。

どのような人が青汁スタンドを利用するのかというと、主にサラリーマン、OLのケースが多いとされています。青汁を飲むことで、多大な整腸効果を得られると考え利用される人もいますし、青汁を飲むと酔いなどが冷めやすいという評価から、お酒を飲んだ後に青汁スタンドに寄るという人もいるのです。

青汁の健康ってなに?グリーンスムージーとの違いって存在するの~?
青汁スタンドは、一般的な青汁パック、ドリンクとなにが違うのかしら?
青汁は、グリーンスムージーの先駆けとも言えるドリンクなんだ!そのため、青汁にも多くの酵素が含まれており、なにより食物繊維の量が他の野菜より多いから人気なんだぞ!しかも、青汁スタンドは自分の体調に合った青汁を選べるんだ!なので、体調管理を前提に飲んでいる人が増えているんだぞ!

健康を育んでくれる飲み物!青汁は体調管理だけでなく体調不良にも効果的

青汁の素晴らしいところは、なんといっても、多くの人が健康に良いと評価していることです。世の中には多くの健康ドリンクが存在しますが、青汁の場合は、高い整腸効果を得られるだけでなく、まったく副作用が存在しません。

しかも、青汁を飲む回数は1日1杯だけとなっているので、お金があまりかからない健康ドリンクとしても人気です。また、パック、ドリンクタイプが存在するので、好きな時に好きなだけ飲むという利用方法も難しくありません。

しかも、青汁には1000年以上の歴史が存在します。その歴史の中で育まれたものこそ、飲みやすさ、そして安全性なので、今では家族で青汁を飲まれている人たちが増えてきました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.