青汁の原料・材料を徹底比較!代表的な野菜の特徴と栄養成分を紹介

青汁の原料はなに?という疑問を解決するため、今では定番となっている原材料を順に案内しています。

案内の中では、原材料の詳細についても案内しておりますので、青汁のことが気になるという方は、記事を読んで原材料についても詳しくなってください。また、どうして青汁に多くの材料が使用されているのかも案内しているので、青汁の主な効果についても学べるようになっています。

青汁の主な原料!なぜほとんどの青汁に含まれているのか?

青汁に含まれている原材料というと、ケール、大麦若葉、明日葉が主になっています。

そのため、今では多くの人が栄養、効能を知っているという特徴まで存在します。また、簡単にケール、大麦若葉、明日葉の詳細をまとめると、以下のような効能を持ったものであることがわかります。

  • ケール:ビタミンが豊富なため抗酸化力を高めてくれる
  • 大麦若葉:SOD酵素が含まれているため、老化を抑える効果がある
  • 明日葉:老廃物を取り除いてくれるカルコンを含む

ケール、大麦若葉、明日葉は一緒に摂取することで、特徴的な効能に対して相乗効果が生まれるようになっています。そのため、今では誰もが知っている青汁の三大原料とされているのです。

また、近年では以下のような効能も狙って、青汁を愛飲される人たちが増えている状況です。

  • 血流改善効果があるのでダイエットに効果的
  • カルコンの作用でむくみを減らすことができる
  • カルシウムが豊富なのでストレスを低減することができる
青汁って苦くて嫌い!それなのに、なんで多くの人が飲んでいるの~?
青汁にはケールなど、人の体にとって良いものが多く含まれているんだぞ!しかも、青汁は健康だけでなく、美容までサポートしてくれるんだ!

熊笹(くまざさ)なども健康に良い!その他の原料と効果を案内

三大原料以外では、熊笹、長命草、よもぎといった葉、草が青汁に含まれています。

これらの葉、草には以下のような栄養が含まれているので、今では青汁に欠かせない原材料としての人気を得ています。

  • 熊笹:ビタミンB2が多いため抗菌作用、免疫力を高める効果がある
  • 長命草:ポリフェノールが多いため抗酸化作用が強い
  • よもぎ:ビタミンA、Cが多いためデトックス効果がある

デトックスというのは解毒のことですが、主に若い人ではなく、中高年の方から支持されている健康に良い効果です。

デトックスについて簡単にまとめると、以下のような効能を得られる効果として評価されています。

  • むくみを解消することができる
  • 汗をかきやすい体質になる
  • 痩身効果を得られることが多い

高齢になると、上手く発汗できないため冷え性、むくみにかかってしまう人もいます。しかし、青汁を飲んでいるとビタミンAにより血流が改善し、さらに、デトックス効果により内臓が丈夫になる、もしくは、むくみなどに悩まされるリスクが低減していくのです。

青汁にはどうして、三大原料以外の原料が存在するの~?三大原料だけで健康的になれないの?
三大原料だけでも、青汁の効果が高いというのは本当のことなんだ!だけど、今ではさらに改良されている青汁が増えてきたため、その他の原料にも注目が集まっているんだぞ!

最近注目のクロレラ、ゴーヤ!これらにはどんな栄養が存在する?

クロレラ、ゴーヤなど、今では健康、美容に良いとされる原材料が、次々と発見されている時代です。

クロレラ、ゴーヤには以下のような栄養、効能が含まれているので、今では、青汁の原材料としても有名になりました。

  • クロレラ:鉄分、カルシウム、マグネシウムがバランス良く含まれている
  • ゴーヤ:モモルデシンなど珍しい栄養を多く含んでいる

クロレラはミネラル、ビタミンの補強として青汁に含まれていることが多いです。ミネラルは新陳代謝の向上、そしてビタミンは血流改善効果だけでなく、美容に良いとされる栄養です。

ゴーヤは以下のとおりで、少し複雑な理由で青汁に含まれていることが多いです。

ゴーヤに含まれている栄養の中には、モモルデシン、チャランチンが含まれています。

近年では、中高年の方からも評価されている栄養なのですが、モモルデシン、チャランチンともに血糖値、血中コレステロール値を下げてくれる効能があるため、今では、青汁など健康食品に含まれることが多い原材料となったのです。

他にも、ゴーヤを良く食べている沖縄県民は、糖尿病にあまりかからないというデータが存在します。これは、ゴーヤに含まれている植物インスリンの効果とされており、植物インスリンの摂取を定期的に行っていると、糖尿病の予防、改善ができたというデータも多く存在するのです。

どうして、青汁にはクロレラ、ゴーヤまで入っているの?苦くて飲みにくいだけだと思うんだけど~?
私はゴーヤが苦手だから、ゴーヤが入っている青汁は遠慮してしまうかも知れないわ。
クロレラ、ゴーヤは少ししか含まれていないんだぞ!現在の青汁は飲みやすさを追求していて、青臭さをあまり感じないものが多いんだ!

青汁に含まれている原材料!比較することでわかる青汁の成長記録

青汁には、ケール、大麦若葉、明日葉といった三大原料が含まれています。ですが、あくまでもこれらの栄養を軸にして、さらに成長させようという試みが繰り返されているのです。

例えば、ミネラル、ビタミンを補強するために熊笹、クロレラなどを配合するようにしています。このような栄養を意識しているのは、青汁によって健康になるのは当然、さらに美容効果も得て欲しいという思いから起きていることなのです。

それだけでなく、青汁には現在注目されている栄養が含まれることも多いです。近年では、このような試行錯誤からよもぎ、ゴーヤまでもが青汁に含まれるようになりました。

長命草(ボタンボウフウ・サクナ)青汁の効果とは?成分を徹底調査!

長命草とは、沖縄本島などにおいて『サクナ』および『チョーミーグサ』などと呼ばれ、和名では『ボタンボウフウ』と言われている、セリ科の多年草である植物です。特に多く見られるのは、日本最南端の与那国島の海岸近くの崖などになります。 そこで今回は、そんな長命草の青汁について迫ってみたいと思います。 長命草にはどんな栄養素がありどうした効果があるの? まずは、長命草の栄養素や効果について見ていきま

熊笹青汁のすごい効能!クマザサの成分と栄養の秘密を徹底解説

あなたはクマザサをご存知でしょうか。日本国のあちこちに自生している笹の葉ですが、このクマザサが使われている青汁もあるのです。しかし、パンダも食べるクマザサにはどういった栄養が含まれていて効果もどの様なものがあるのかわからないことも多いかもしれません。 そこで今回は、クマザサ青汁について探っていきたいと思います。健康のためにもご参考になさってください。 クマザサとはなに?その栄養素や効果など

よもぎ青汁の効能を解説!得られる効果と飲むときの注意点

よもぎはキク科の植物とされていて、日本でも約70属360種ほどあるキク科の中に分類されるのです。このよもぎはお灸のもぐさとしても有名であり、アロマ効果も期待でき、『ハーブの女王』とも言われているほどです。 このよもぎを使った青汁があるので、その特徴などについて探っていきたいと思います。青汁を選ばれる際の参考になさってください。 そこが知りたい!よもぎ青汁の栄養素や効果について よもぎを使

ゴーヤ青汁の効果は?ゴーヤに含まれる栄養からわかる効能を解説!

青汁としてよく知られている材料は、ケール、明日葉、大麦若葉が挙げられます。 もちろん、多くの野菜を原材料としているものがありますが、そんな中、身体に良い野菜として知られているゴーヤがあります。ゴーヤ入りの青汁も主原料になったものだけでも検索を掛ければ、いくつか商品が出てきます。 そのゴーヤは、沖縄で呼ばれる名称「ゴーヤ(ー)」になります。果肉が苦いことから「にがうり」とも言われますが、「ツ

モロヘイヤ青汁の効能のすべて!豊富な栄養成分が含まれる理由とは

健康食品として青汁は多くの人に親しまれ、1杯飲むことで豊富な栄養素を摂取できることが魅力です。 青汁に使用されている野菜は、ケールや大麦若葉といった、普段スーパーではお目にかかれないような野菜が使用されています。 これらの野菜のほかに、青汁でよく使用されているものとして「モロヘイヤ」があり、これを使用した商品は数多くあります。 青汁の原材料の1つであるモロヘイヤには、どんな栄養素が含まれ

クロレラ青汁の効果を解説!気になる効能と飲む前に知りたい注意点

青汁は健康食品として親しまれ、様々な種類の商品が開発され、青汁を飲むときに多様性が感じられます。 健康に良い青汁は栄養が豊富で、実際に飲むことで体に効果を発揮し、栄養素が体内で働きかけて健康を促進します。 青汁と同じ緑色の健康食品として、長年多くの人から親しまれてきたものにクロレラがあり、錠剤のものが有名です。 そのクロレラと青汁が一緒になった「クロレラ青汁」という商品があり、実際に飲ん

桑の葉青汁はダイエット効果あり!ほかの効能や効果的な飲み方を紹介

青汁は栄養素が豊富に含まれている飲料で、1杯飲むことで体内に必要な栄養素を簡単に摂取できます。 青汁の商品には様々な種類があり、いろんな材料を使用した青汁が多く存在しているので、どれがおすすめなのか、よくわからない人が多いと思います。 今回紹介するのは「桑の葉青汁」というもので、桑の葉を使用した青汁で、飲むとダイエットに効果があるといわれています。 桑の葉はどんなものなのか、また桑の葉青

青汁を飲むならケールと大麦若葉どっち?違いからわかる最適な選び方

青汁に使われている原材料は販売元によって様々ですが、主に使われていることが多いのは4種類です。「大麦若葉」「ケール」「明日葉」「桑の葉」主にこの4種類が使われており、一つの原材料のみ使った青汁もあれば、4つの中のいくつかをブレンドした青汁もあります。 4つの原材料にもそれぞれ効果や効能があるため、どんな人に向いているのか変わってきます。青汁を飲んだことがない人は、どれでも一緒なのでは?と思い

大麦若葉が青汁の原料に選ばれるのはなぜ?効果効能を徹底解説!

青汁には健康にいい様々な原料が使われています。今回は、青汁で使われることが多い「大麦若葉」という原料について紹介していきます。原料として使われるのは知っているけど、特定原料の効果を知らない人も多いです。 そもそもこの「大麦若葉」という原料がどういったものなのかよくわからない人もいますよね。知っていれば青汁を選ぶ時の一つの基準となるので、知っておいて損はありません。 大麦若葉がどのような植物

青汁の原料となる明日葉(あしたば)の効果・効能とは?

青汁に使われる野菜や植物には様々なものがありますが、中でもメインの原料になるものというのは、ある程度決まっています。 そんな青汁のメインの原料としてよく使われる植物の1つに、明日葉(あしたば)があります。 明日葉は、日本固有のセリ科の野草の1種で、『葉を摘み取っても明日には新しい芽が出る』ほど生命力が強いことから、その名前がつけられたとされています。 野菜として料理に使う
1 / 212
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.