青汁でむくみをすっきり解消!青汁に含まれる成分の秘密と予防効果

青汁というと、健康に良い飲み物であるという案内が多いです。しかし、今ではむくみ解消のために青汁を飲んでいる人が増えてきました。

なので、今回はむくみになってしまう原因、解消法を案内するとともに、青汁がなぜ効果的なのかも案内させていただこうと思います。

むくみの原因は?なぜ青汁はむくみに効果的とされているのか

むくみは浮腫とも呼ぶのですが、むくみは血しょうが血管の外、リンパ管の外側、もしくは皮下に溜まっている状態を指します。

つまり、なんらかの理由で血しょうが溜まりやすくなっている場合、むくみとの付き合いが長くなってしまうのです。また、血管そのものに対する悪影響もあるので注意してください。

例えば、あまり運動しない人の場合は冷え性、冷え性による疲れ、痛みを感じることもあります。そのため、運動そのものが嫌になってしまう人もいますし、これにより悪循環にはまってしまう人もいるのです。

しかし、むくみに効果的な青汁を飲んでいると、以下のような問題が解決するようになり、結果的にむくみを解消できるようにもなります。

  • 多くの栄養を体内に送り込める
  • ミネラルを多く摂取できる
  • ビタミンを多く摂取できる

ミネラル、ビタミンは血管を若返らせる効果もありますので、これにより、血しょうによるトラブルを減らすことができるため、むくみの予防、解消が可能になるのです。

むくみって大人だけの問題なの~?それじゃ、若い人には関係のない話なんだね。
今では、食生活の影響で血管が弱っている若者が増えてきているんだ!つまり、青汁は老若男女に対して効果的な栄養が含まれているんだぞ!

カリウムが有効的!青汁にも多く含まれているカリウムの効果

カリウムとは、体内に存在するナトリウムを体外に排出する際に必要な栄養素のことです。

トマトに多く含まれている栄養素として有名になりましたが、今では、リコピンという栄養素のほうが有名なため、注目度はそれほど高くない状況となっています。また、リコピン、カリウムの違いについては以下のとおりです。

  • リコピン:血管年齢を若返らせる、血栓の予防に効果的
  • カリウム:血中に含まれるナトリウムの濃度を正常化する

このような違いが存在するのですが、近年になって、またカリウムの人気、評価が上がってきました。

というのも、カリウムは青汁に含まれていることが多い栄養素の1つだからです。カリウムは体内に存在する不要なナトリウムの濃度を下げるため、むくみに良いという評価も存在します。

むくみは、内臓の疲れによっても発生するのですが、体内に存在するナトリウム量が多い場合、それに比例して内臓が疲れやすくなってしまいます。というのも、ナトリウム量が増えるほどに、体内に蓄えられている水分を使用し、ナトリウムの濃度を下げる対応を取っているからです。

すると、今度は水分不足のため疲れやすい体になってしまい、体全体でむくみが生じやすい状況になってしまいます。このような問題を解決してくれる栄養素がカリウムのため、今では高い注目を得られるまでに人気が回復しました。

血管に良い栄養素が青汁に多く入っているの~?青汁ってすごく健康に良いんだね。
青汁には、健康に良い栄養素が大量に含まれているんだ!しかも、体内の健康も意識して、必要とされる栄養を追加する努力もしているんだぞ!

どんな青汁が効果的?むくみに効果的な青汁の選び方、使い方

青汁を選ぶ際は、ケール、大葉、明日葉が含まれているものを選択すると良いです。

というのも、これらには多くの食物繊維が含まれているからです。体内の健康であり健康の基本には、胃腸が正常であるかどうかという判断が存在します。

そして、胃腸を正常な状態に変えてくれる栄養素は、主に食物繊維であることを忘れてはいけません。

青汁には、多くのケールが含まれているのですが、それは、食物繊維豊富な食材として有名だからです。また、青汁を選ぶ際ですが、以下のような商品を選ぶようにすると、青汁の購入で失敗してしまう可能性が小さくなります。

  • 量が多い、家族用の青汁
  • 価格が高すぎない青汁
  • 栄養量が書かれている青汁

食物繊維を多く含んでいない青汁もありますので、まずは、食物繊維の量を確認すると良いです。1日に必要な摂取量が配合されていると明記されているものであれば、問題なく購入できる青汁と判断して問題ありません。

食物繊維は、一定量が体内に存在すると、胃腸に残っている消化されていない食べ物を包んでくれるようになり、これにより便秘などが解消しやすくなります。しかも、便秘解消によりむくみも解消しやすくなるというデータが存在するため、今では、女性から高く支持されている青汁が増えてきました。

むくみの予防を考慮して青汁を飲む場合ですが、なるべく朝早くか、もしくは就寝前に飲むようにしましょう。胃腸の動きが活発な時間でもあるため、下痢、便秘を解消したい人にもオススメの時間帯です。

お腹が苦しい時に飲む飲み物なの~?それじゃ、お腹が苦しくないユメは飲まなくても良いの~?
青汁は、どの程度飲むのが最適なのかしら?なにか目安になるものは存在しないの?
お腹の問題は、青汁を飲んでいるとさらに楽になるから、健康に気をつかっている人は青汁を飲んだほうが良いんだぞ!また、1日に1パックと定められている青汁を飲む場合は、注意書きの使用量を確認してから飲むと、無駄に飲んでしまうトラブルを避けられるんだ!

青汁は健康に効果的!むくみに効果的な栄養が多く含まれている

青汁には、食物繊維、カリウムだけでなく、新陳代謝を改善してくれるミネラルも多く含まれています。

ミネラルは、骨、筋肉、血管を作る際に必要となる栄養素です。そのため、あまりミネラルを摂取しない生活を送っていると、体が弱りやすく、むくみになりやすい体になってしまいます。

ミネラルは、免疫力にも良い影響を与えますので、最近になって、下痢、便秘が多くなったという人も、青汁からミネラルを摂取すると良いでしょう。また、ミネラルはミネラルウォーターからも摂取できますが、大量にミネラルを摂取するのは良くありません。

というのも、ミネラルを過剰摂取してしまうと、下痢になりやすく、体温が冷えやすい状況になるからです。なので、青汁を飲む際は無理にミネラルウォーターを飲まなくても問題ありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.