授乳中の青汁は母乳に影響する?飲んでも大丈夫な理由と青汁の選び方

青汁は育児をしている人でも飲むことができ、不足している栄養を摂取したい母親の人にもオススメの飲み物です。赤ちゃんに授乳している人の場合は、青汁を飲んでいいのか不安になりますよね。

例えば母乳に青汁の味が移らないかとか、母乳を通して赤ちゃんに悪影響を与えないかなど不安な点があるでしょう。赤ちゃんに授乳している人の不安を解消するための情報を紹介していきます。

育児中に青汁を飲もうかどうか迷っているなら、まずは確認してみてください。

育児をしている母親が授乳中に青汁を飲んでもOK!

育児をしていて赤ちゃんに授乳している母親でも青汁を飲みたい!と考える人もいますよね。不安なのが授乳中に青汁を飲んでも問題ないのかという点になります。

結論を言うと授乳中でも青汁を飲んでも特に問題はありません。

むしろ青汁は栄養価がとても高いので、産後間もない母親にとってはオススメの飲み物になります。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

特にこの3種類が豊富で、産後の体力回復や栄養をバランスよく摂取することができます。青汁には授乳中に重要な鉄分や葉酸も豊富に含まれています。母乳は血液から作られているので授乳していると貧血を起こしやすいです。鉄分が含まれているので貧血の予防にもなります。

さらに葉酸は赤ちゃんの成長を助けてくれるので、こちらも授乳中には重要な栄養です。どちらも青汁には豊富に含まれているので母親のためにも、赤ちゃんのためにも青汁はオススメできる飲み物になります。

授乳中に青汁を飲んでも平気な理由!母乳に味は移らない

授乳中に青汁を飲む場合に気になるのが、母乳が青汁の味にならないか?という点です。

授乳中に青汁を飲んでも、母乳に味が移ることはないので心配する必要はありません。

この点が気になり、授乳中の青汁を飲むのを諦める必要はありません。

なぜ味が移らないのか?というと母乳は血液からできており、血液に味は溶け込まないからです。血液に溶け込むのは青汁に含まれている栄養価の方です。つまり青汁の栄養価が血液に溶け込むので、母乳もそれだけ栄養が高くなります。

赤ちゃんが母乳を嫌いになることもないですし、栄養価の高い母乳になるので授乳中の青汁はオススメです。

授乳中に青汁を飲むなら、飲みやすいものを選ぼう

青汁は作り方が沢山あるため、またその味もそれぞれ異なります。中には味に癖があって飲みづらいとか、野菜の苦みがとても強い青汁も中にはあります。そういった継続して飲みづらい青汁を飲んでいると知らずのうちにストレスになってしまいます。

ストレスになると良い影響がないので、青汁を飲むならば飲みやすいものを選ぶようにしましょう。青汁は味の改良もされているので、飲みやすくなっている青汁も多いです。実際に飲んでみないと自分の好みの味なのか分かりませんが、飲みやすいと評判の青汁を探してみるとよいでしょう。

授乳している人が青汁を飲んでいい量は1杯から2杯まで!

赤ちゃんに授乳している時に青汁を飲んでも問題ありませんが、飲む量には注意しましょう。飲み過ぎてしまうと下痢をしてしまうとか栄養の過剰摂取になってしまいます。

目安程度の量ですが、授乳中に青汁を飲むなら、1日に1杯から2杯までにしておきましょう。

市販の青汁の場合はその品によって1日の飲んでいい量が決められていることが多いです。それに従って飲むか、市販青汁の販売元に問い合わせて聞いてみるのも良いでしょう。またそれでも心配ならば医師に相談するようにしましょう。青汁を飲んで万が一、体が変だと思ったら飲むのをやめて、医師に相談してみましょう。

青汁を飲んでいれば野菜の代用になる?青汁と生野菜を食べた場合、どっちが栄養豊富なの?
生野菜をそのまま絞った青汁なら野菜の代用になるぞ。ただ市販の粉末の青汁だと生野菜を絞った野菜よりも栄養が劣ってしまう。市販の粉末の青汁を飲むなら生の野菜も食事の時に食べるようにしよう。

授乳している人の青汁の選び方と注意点!安全を第一に考えよう

授乳している人が飲む青汁の選び方ですが、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

まずは確認したいのが原材料や野菜についてですね。青汁には野菜が使われているので、その時に農薬が使われているのか確認しましょう。

農薬は使われていない方がもちろんいいです。市販の青汁を購入する場合はパッケージに書かれていることもあるし、Webの販売サイトでも説明されていることが多いです。市販の青汁を購入する時は、説明をよく読んで選ぶようにしましょう。

野菜が使われている以上、「残留農薬」にも気を付けなければいけません。残留農薬が残っていると健康被害に遭う可能性が高いので注意しましょう。残留農薬検査が行われているのか確認しましょう。

万が一、商品の情報が全く分からないということも考えられます。そういった場合には、販売元に問い合わせをして確認をしてみてください。それが一番安心できると思うので、不安なら必ずお問い合わせしてみましょう。

授乳中に農薬が使われている野菜を口にしてしまい健康被害に遭うと子供の成長にも関わってくるので注意しましょう。

青汁に使われている野菜の産地が明確になっているか確認しよう!

青汁に野菜が使われている以上、栽培している産地が必ずあります。青汁を選ぶ時には野菜の産地にも気を付けましょう。産地が明確になっていればどこで栽培されていたのか分かるので安全性は高いです。

青汁の数は豊富なので、マイナーメーカーの場合だと産地が明確になっていないことも多いです。どこで栽培されたのか分からない青汁は安全性のことを考えたらあまり選ばないようが無難です。

もしそれでもマイナーメーカーの青汁がいい!ということなら問い合わせて産地を確認しましょう。次に産地といっても日本国内と日本国外がありますよね。国外の物が悪いという訳ではありませんが、やはり日本が産地の方が安心できます。

安全性を考えるならば、日本国内の野菜のみが使われている青汁を選ぶようにしましょう。注意点としては、商品の説明とかパッケージを見ても産地が分かりにくいという点です。例えばメインの原材料の明日葉やケール、大麦若葉は日本国内が産地だけど、他の野菜の産地が外国ということもあります。

産地も青汁の販売メーカーに問い合わせれば確認することができるので、不安な方は必ずお問い合わせするようにしてください。

カフェインが含まれている青汁もあり!赤ちゃんに影響を与えることも

青汁の中には緑茶とか抹茶、砂糖が使われていることもあり、そういった青汁にはカフェインが含まれています。

授乳している人がカフェインを摂取してもOKなのか?というとできるなら摂取しない方がベストです。

理由としてはカフェインには眠気を覚ますとか、血行を促進するとか効果があります。母乳を通して赤ちゃんにもその効果を与えてしまうことがあるので、授乳中にカフェインの摂取は避けましょう。

授乳中の人がカフェインを摂取してしまうと赤ちゃんが眠れなくなったり、落ち着かなくなったり、夜泣きをしてしまいます。カフェインは成分表示にも書かれないので含まれているのか判断が難しいです。

そのため市販の青汁を購入する時には抹茶とか緑茶、砂糖といったものが使われていないのか確認しましょう。まったくカフェインが使われていない青汁も販売されているので、不安な方はカフェインが全く使われていない青汁を探すようにしましょう。

青汁には添加物が使われることも多い!授乳中は添加物が少ないものを

青汁には添加物が使われていることも多く、授乳中の人はできるだけ添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。できれば無添加の物が良いですが、添加物が全く使われていないというのはなかなか探すのが難しいです。

  • 保存料
  • 着色料
  • 甘味料

特に青汁には飲みやすくなるように甘味料が使われているものが多くなってきています。確かに飲みやすい方が良いですが、授乳中には甘味料があまり使われておらず添加物が少ないものを選んだ方が無難です。

授乳中にまずい青汁を飲みたくないならば、牛乳に混ぜるとかヨーグルトに混ぜるなどをするとストレスをあまり感じずに青汁を飲めます。飲みやすい青汁を選べばいい話ですが、授乳中の人はなかなかそうもいかないので自分でアレンジしてみましょう。

授乳中の母親はハチミツが含まれている青汁を飲んでもいいの?

ハチミツは赤ちゃんにはよくないなんて話を聞きますから、授乳中の母親がハチミツを飲んでも平気なのか不安にもなりますよね。

授乳中の母親がハチミツを口にすることは特に問題はありません。赤ちゃんがハチミツを口にしたときに問題になるのはボツリヌス菌です。母親がハチミツを食べてもこのボツリヌス菌が母乳から出ることはありません。そのため母親が授乳中にハチミツを食べてもOKという訳ですね。

ただどうしても不安だという人もいると思うので、そういった人はハチミツが含まれていない青汁を飲むようにしましょう。また、赤ちゃんに青汁を飲ませるという人もいますが、この場合もハチミツが含まれていない青汁を飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんに青汁を飲ませる場合は5か月から6か月経過してから飲ませるようにしないと、赤ちゃんにも悪影響です。不安ならば医師に相談だとか、メーカーに相談してから青汁を飲むようにするとよいでしょう。

授乳中の青汁はアレルギー反応が出ることはない?

授乳している人が青汁を飲むとアレルギーが出るという話を稀に聞く人がいます。ですが、授乳している人にアレルギーが出ることはあまりないので、気にする必要はありません。

ただ、特定のアレルギーを持っている人の場合はアレルギーになる場合もあるので注意は必要です。青汁に使われる素材のメーカーによって様々なので、アレルギーを持っている人はアレルギー物質が含まれているのか?確認してから青汁を飲むようにしましょう。

サプリメントタイプの青汁もあるけど、授乳している時にサプリメントを飲んでも平気?粉末とサプリメント、飲むならどっちの方がいいのかしら?
授乳している人がサプリメントを飲んでも平気だが、下剤が入っているものは避けよう。粉末とサプリメントどっちが良いかは一概には言えない。どちらも飲みやすいが、サプリは一日に何個も飲まなくてはいけない場合もあるから大変だぞ。

青汁は授乳中の人にオススメ!母親、赤ちゃんにいい影響を与える

青汁は赤ちゃんに授乳をしている人にオススメできる飲み物と言えます。理由としては、すでに前述していますが、鉄分と葉酸が豊富に含まれているからです。母親の貧血対策にもなるし、血行が良くなり質の高い母乳を赤ちゃんに与えることができます。

葉酸は赤ちゃんの成長には不可欠なので、青汁から積極的に摂取していきましょう。母親と赤ちゃんの両方の健康を維持してくれるので、授乳している人は青汁を検討してみてください。

青汁に含まれているカルシウムもいい影響を与えてくれる

青汁にはカルシウムも含まれていて、骨や歯を強くしてくれる効果の他にも血液にいい影響を与えてくれます。血液をサラサラにしてくれる効果があり、その結果母乳が沢山出ます。

母乳を通してカルシウムの効果を赤ちゃんに与えることもできるので、赤ちゃんにも欠かせない成分です。さらにカルシウムはストレスの解消効果にもなるので、育児をしている人にも欠かせません。

注意点もありますが、青汁は母親と赤ちゃんとのにいい影響を与えてくれるので、健康維持の為に飲んでみましょう。

授乳している人が青汁を飲む場合、他にどんな効果があるのかしら。母乳以外で良い影響があるなら知りたいは。
使われている原材料、野菜にも効果が変わるぞ!だが例をあげるなら、産後の子宮の回復、むくみ、うつ、抜け毛、便秘解消、ダイエットと多くの効果がある。産後ならではの症状を予防できるから、産後の人にも青汁はオススメだ!

青汁は母乳に影響を与える!栄養補給や健康維持の為に飲んでみよう

青汁は赤ちゃんや授乳している人が飲んではいけないイメージを持つ人もいますが、そんなことはありません。

栄養豊富ですし、産後間もない母親が不足している栄養を摂取することができるので、授乳している人にオススメの飲み物と言えます。

ビタミン、食物繊維、ミネラルが特に豊富に含まれているので、母親のためはもちろんのこと赤ちゃんのためにも青汁を飲んでみてはどうでしょうか。母親が青汁を飲めば、母乳の質も上がるので、赤ちゃんの健康にもつながります。

原材料の産地や野菜の生産地、カフェイン、甘味料の有無と注意することもあります。最近の青汁は多くのメーカーが販売しているため、中には安全性が低い青汁もあります。購入するのであれば実績があって、大手のメーカーの青汁を選ぶようにしましょう。

大手のメーカーでも安全性が低いこともありますが、安全性が高いことも多いので、まずは大手メーカーで探してみましょう。大手メーカー以外で選ぶなら、青汁に使われている野菜が明確なのか?農薬は使われていないか?添加物が使われていないか?カフェインが含まれていないか?確認するようにしましょう。

生後5か月から6か月たった赤ちゃんならば、直接青汁を飲ませることも可能になります。直接飲ませるのも効果的なので、直接飲ませることも検討しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.