妊婦が飲んでも大丈夫な青汁の条件とは?危険を防ぐ注意点も紹介!

今では、健康のために青汁を飲んでいる人が増えています。ですが、青汁は栄養だけでなく、飲む際の注意点を知っておいたほうが、より安全に美味しくいただけるという飲み物なのです。

記事内では、そんな青汁の中でも妊婦から支持されている青汁、そして具体的な注意点を案内していますので、これから青汁を飲んでみようか検討中の方は、良ければ記事を参考にしていただけたらと存じます。

また、妊婦にとって都合の良い条件の青汁を選ぶと、妊婦でも安心して青汁を飲むことが可能になりますので、良ければ、そのことについても学んでいってください。

青汁に含まれている栄養!妊婦、子どもも安心して飲めるって本当?

青汁に含まれているものは、ケール、大麦若葉、明日葉(あしたば)であり、これらは緑葉野菜と言われているものです。

そのため、自然由来の成分(ミネラル、食物繊維など)が多く配合されていると言われていますが、青汁は妊婦、子どもが飲んでも問題のない飲み物として知られています。近年では、胎児の発育に良いとされるミネラル、カルシウム、鉄分が多く含まれているため、人気の高い飲み物となりました。

青汁って体に良いの~?飲んでみたいなー!
妊婦だけじゃなく、子どもにも安心して進められるんですね。だけど、どうしてミネラル、カルシウム、鉄分が胎児に良いのかしら?
青汁を飲むと得られるミネラル、カルシウム、鉄分は、どちらも胎児の骨、歯の形成に欠かせない栄養素!しかも、妊婦さんが摂取し忘れてしまう栄養でもあるんだぞ!

妊婦と青汁!妊婦に良い栄養、具体的な効果、注意点をまとめてご案内

妊婦にとって必要な栄養は、葉酸、鉄分、マグネシウムと言われています。

その理由ですが、以下のような栄養効果を得られるため、葉酸などは妊婦に必要とされているのです。

  • 葉酸:悪性貧血を予防してくれる
  • 鉄分:(悪性以外の)貧血の予防だけでなく、栄養の吸収率を上げてくれる
  • マグネシウム:胎児に必要な栄養であるカルシウムの吸収率を上げてくれる

また、妊婦に良い栄養のほとんどには、以下のような1日の摂取量の目安が存在しますので、こちらにも注意して、妊婦と相性が良い青汁を探したほうが良いです。

  • 葉酸の摂取量は1日480マイクログラムが目安
  • 鉄分の摂取量は1日7.5mgが目安
  • マグネシウムはカルシウム2に対し、1を摂取すると良い

マグネシウムに関する補足ですが、マグネシウムは摂取不足に陥るケースが少ない栄養の1つです。なので、過度にマグネシウムの摂取を、サプリメントなどで無理に行う必要はありません。

このような注意点も存在しますので、もし、青汁が美味しくて気に入ったとしても、摂取量の目安を大きく超えないように調整して飲むようにしましょう。また、青汁を飲んでいて気分が悪くなることもあります。

なので、これから青汁を毎日飲むという予定の方は、青汁を摂取する前に、かかりつけ医などと相談して、どの程度で飲むようにしたほうが良いのかといった、適切なアドバイスを受けておいたほうが安全です。

また、青汁は万能薬ではないことを忘れてはいけません。そのため、青汁を飲んでいるという理由だけで、カフェイン入りの飲み物(コーヒーなど)を飲むのは良くないとされています。

カフェインは緑茶にも含まれているのですが、カフェインの摂取量が多くなるに連れて、カフェインの消化、吸収が遅くなってしまい、胎児に送る栄養としてカフェインが使われてしまうこともあるのです。すると、流産だけでなく、発達障害といった問題が起きることもあります。

これは糖分が多い青汁にも言えますし、農薬、無農薬の青汁に関しても、胎児への悪影響を考えて無農薬を選択したほうが賢明でしょう。その他の注意点では、海外産、国内産の違いも明確に理解しておいたほうが良いです。

海外のものは味わいが濃く、そのために飲みにくいものも存在します。また、このような問題だけでなく、国内産に比べて、食品添加物の使用が確認されている青汁も存在しますので、安全性を重視する場合は、国内産の青汁を選択したほうが良いでしょう。

妊婦に合った青汁を選ぶのって大変なんですね!妊婦に優しい青汁を、上手に選ぶコツって無いのでしょうか?
青汁のパッケージを確認することが大事なんだぞ!国産無添加、国産野菜100%、もしくは大麦若葉粉末100%を目印にしよう!

青汁の意外な効果!今では便秘を改善してくれる飲み物としても評価されている

青汁は便秘を治してくれる飲み物としても親しまれています。

というのも、飲み続けるだけで以下のような良い健康効果を得られるからです。

  • 胃腸に良い食物繊維を多く摂取できる
  • 善玉菌が増殖する

妊婦の場合は食事量、そして子どもの場合は肉類が好きなため、あまり野菜を食べないという場合に便秘の問題が起きてしまいます。

しかし、青汁にはケール、大麦若葉、明日葉といった、食物繊維が豊富な野菜が用いられているだけでなく、胃腸で吸収しやすいよう、これらの食材が液状になっているという利点が存在します。そのため、素早く胃腸で消化、吸収されるという特徴もありますし、また、味わいに癖がないため安心して飲めるという魅力もあるのです。

さらに、青汁にはオリゴ糖を含んでいるものが多く、オリゴ糖は善玉菌の増殖に最適というデータも存在します。善玉菌が増殖すると、胃腸に溜まっている消化されづらい食べかすなども消化されるようになるため、便秘といったお通じの問題が解決するようになるのです。

青汁ってそんなに体に良いの?なら、たくさん飲んだほうが体に良かったりするの~?
青汁であっても飲み過ぎは禁物なんだぞ!青汁のパッケージに書かれているとおり、1日に1杯、もしくは2杯程度を基準にして飲んだほうが良いのだ!

青汁が妊婦から人気の理由!昔に比べて栄養、飲みやすさが大幅に改善されている

青汁の大幅な変更点は以下のようになっています。

変更点その1は、ドロドロとした液状のものから、サラサラとした液状のものに変わったという変更点があります。また、かき混ぜる際のシェイカーがセットで付いてくる青汁も存在するため、青汁を飲んだことがない人でも安心して飲むことができます。

変更点その2は、値段が大幅に安くなっただけでなく、今では栄養の偏りがまったく見当たらなくなりました。青汁に含まれている栄養は、過去であればミネラル、食物繊維ばかりでしたが、今では葉酸、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどを含む青汁が主流となっています。

これらの栄養を含んでいるため、胎児に良いミネラル、葉酸、鉄分、カルシウムを摂取したいと考えている妊婦から評価されていますし、価格も、1ヶ月分のものが5千円台から、3千円台で落ち着くようになりました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.