青汁が腸内環境を整えるのはなぜ?効果がある理由と選び方のポイント

腸内には菌がいることを知っていますか?整えないと腸内に悪影響を与える菌が増えてしまい、病気の原因になってしまいます。そうならないためには、腸内の環境を整えなければいけません。

青汁は腸内の環境を整えてくれると言われています。青汁が本当に腸内の環境を整えてくれるのか?腸内の環境を整えないとどんなことが起こるのか知っておきましょう。

青汁が腸内環境を整えてくれるのは本当なの?

健康に良いとされる青汁ですが、「腸内環境を整えてくれる」ということもよく聞くのではないでしょうか。初めて青汁を飲む人は本当に腸内環境を整えてくれるのか?と疑問を持つ人もいます。

青汁に腸内環境を整えてくれる効果があるのか?というと効果はあります。腸内の環境を整えないと病気の原因にもなるため、腸内の環境は重要です。

腸内の環境を整えることで病気の予防にもなるため、病気を予防したい人に青汁はオススメできます。

なぜ青汁は腸内環境を整えてくれる?理由は2つ!

ではなぜ青汁は腸内の環境を整えてくれるのか?というと理由は2つあります。

  • 食物繊維
  • ビタミンC

この2つが腸内環境を整えてくれる理由です。食物繊維は便秘を解消してくれるということを聞いたことがあるでしょうか。便秘だと腸内の老廃物を排出することができず、腸内の環境を悪くしてしまいます。

食物繊維を摂り便秘を解消することにより、体内の老廃物を便により排出して腸内の悪いものを取り除いてくれます。ビタミンCは腸内の菌を調整してくれ善玉菌を増やして、腸内環境を整えるために不可欠な成分です。

腸内の菌のかたまりのことを「腸内フローラ」という

腸内フローラという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあっても腸内のことに詳しくないと意味を知らないでしょう。

腸内に潜んでいる菌のかたまりのことを「腸内フローラ」と呼ばれることがあります。

腸内の菌は大きく分けると以下の3つがあります。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

善玉菌とか悪玉菌ということ菌は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。善玉菌は腸内の有用な菌のことで、悪玉菌は腸内に悪影響を与える菌です。日和見菌は善玉菌と善玉菌の強い方に味方してくれる菌になります。

腸内の環境を整えるというのは、「善玉菌」と「悪玉菌」、「日和見菌」が関係してきます。

野菜ジュースは青汁に似ているけど、腸内を整えてくれる効果はあるのかな?
野菜ジュースは市販のものだと、栄養価が抜けていて、腸内環境を整えてくれる効果にあまり期待できない。野菜ジュースで腸内を整えるなら、自分で野菜ジュースを作るといいだろう。

健康のためにも知っておきたい!「腸内を整える」ことの意味

「腸内を整える」の意味を知っているでしょうか。腸内を整えるというのは腸内の菌がかかわっています。

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌がいますが、整えるというのは腸内の菌の割合のことです。

悪玉菌は腸内に悪影響を与えるため、数は少ない方が身体にも良いです。

  • 善玉菌→20%
  • 悪玉菌→10%
  • 日和見菌→70%

菌の割合としては善玉菌が20%、悪玉菌が10%で残りが日和見菌というのが理想的な腸内環境です。

ストレスとかも腸内の環境に影響を与えるため、今まであまり意識してこなかった人はこの機会に意識してみてはどうでしょうか。

腸内を整える方法!青汁を飲むのも1つの方法

腸内を整える方法にはいくつかあります。青汁を飲むことも腸内を整える方法の1つなので、飲んでみてはどうでしょうか。青汁に含まれている食物繊維は、腸内を善玉菌が増えやすい環境にしてくれるため、腸内を整えるためには必須です。

食物繊維が含まれている食べ物なら何でもOKなので青汁に凝る必要は有りません。ただ、青汁には食物繊維以外にも不足している成分が含まれているため、健康とかダイエットにも効果的なため、腸内を整えるためにオススメの方法の1つです。
野菜なんて食べなくて平気だもん!青汁も飲みたくないよー!
子供が野菜を食べてくれなくて困ったわ。便秘も心配だし、何か野菜の代わりになるものはあるのかしら。
腸内の環境を整えるだけならヨーグルトとか発酵食品が代わりになる。ただ野菜の栄養も必須だから食べないとだめだぞ。腸内を整えるなら、適度な運動や規則正しい生活もする必要だ。

整えないと病気になる?腸内環境を整えるメリット!

腸内環境を整える意味はあるのか?と言いますが、意味はあります。腸内の環境を整えて、いい環境にしておけばメリットも大きいです。

  • 便秘や下痢の解消、予防
  • 免疫力の上昇
  • 栄養の吸収が良くなる
  • 代謝が活発になる
  • 冷え性・頭痛・肩こりの解消

腸内環境を整えると便秘解消以外にもメリットがあります。免疫力が上昇することでアトピーとか喘息、花粉症に効果的です。風邪もひきにくくなるため、風邪を予防するためにも腸内環境はいい状態を保ちましょう。

栄養の吸収力も上がるので、体内で栄養がうまく回るようになります。その結果、体調の改善や疲労の回復、生活習慣病の予防にも効果的です。

代謝が活発になることで、太りにくく痩せやすい身体にしてくれます。代謝が上がると血行がよくなって体温が上がり、冷え性にも効果的です。他にも血行が悪いことからくる頭痛とか肩こりの解消にもつながります。

栄養の吸収がよくなると美容にも効果があります。肌がきれいになるため女性にはうれしい効果です。腸内の環境をいい状態に整えるとこれだけのメリットに期待できるため、腸内を整えて損はありません。

腸内の環境が悪いと病気になる!?デメリットも知ろう

腸内を整えないとどのようなことが起きるのか知っているでしょうか。腸内環境が悪いとこんなデメリットがあります。

  • 便秘や下痢になりやすい
  • においがきつくなる
  • 肌が荒れる
  • アレルギーが出やすくなる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 疲れがちで倦怠感が出やすくなる
  • 太りやすく痩せにくくなる

腸内環境が良い状態の逆の症状が出てしまいます。デメリットも多いため、今まで意識していなかった人もこの機会に腸内の環境は整えておきましょう。

ただ、腸内の環境というのは直接見ることができず、今の腸内環境が良いのか悪いのかわかりにくいです。そのため、腸内環境を整える時のメリットと整えなかった時のデメリットを参考にしてその症状が出た時に判断するしかありません。

腸内環境を整えないとがんのリスクが上がるという情報もあるため、腸内の環境はとても重要です。病気とかになりたくないなら青汁を飲むなどをして腸内の環境をいい状態に保つように意識してみましょう。

腸内の環境はとても重要なのね。青汁以外の食べ物だと、どんな食べ物が腸内の環境を整えてくれるのかしら?
腸内の環境を整えてくれる食べ物は意外に沢山ある。例えばわかめとかごぼう、肉、油も腸内の環境を整えてくれるぞ。

青汁を飲むなら腸内環境をいい状態にしてくれるものを選ぼう

青汁には腸内環境を整えてくれる効果がありますが、どれでもいいというわけではありません。青汁は種類が豊富なため、「腸内環境を整える」ならどれがいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

腸内環境を整えるためにオススメな青汁の選び方を紹介していきます。

まず大前提としては腸内環境を整えてくれる「食物繊維」と「ビタミンC」が豊富に含まれている青汁を選びましょう。

青汁の原材料は主にケールか大麦若葉、明日葉を使っていることが多く、この3つは食物繊維とビタミン類は豊富に含まれています。

腸内環境を整えるなら乳酸菌やオリゴ糖が含まれている青汁を

乳酸菌は腸内環境を整えるために不可欠です。青汁の中には乳酸菌が含まれていることもあるため、選ぶ時に「乳酸菌が含まれているのか」確認しましょう。乳酸菌は主にヨーグルトとかキムチといった発酵食品に含まれていることが多い菌です。

乳酸菌も腸内の環境を整えて善玉菌を増やしてくれ、便秘の解消効果に期待できます。

青汁には乳酸菌が含まれていない場合もあるため、選ぶときに注意してください。オリゴ糖も腸内の善玉菌を増やしてくれます。オリゴ糖を含んでいるのは以下のような食べ物です。

  • 大豆
  • ネギ
  • 玉ねぎ
  • アスパラガス
  • バナナ

オリゴ糖を含んでいる青汁を探す場合は、オリゴ糖が含まれている食材が使われている青汁を選ぶようにしましょう。

味にも注意!毎日飲みやすい青汁を選ぼう!

青汁は苦いとかまずいイメージがある人も多いのではないでしょうか。そのイメージは間違ってはいませんが、飲みやすく味を改善してある青汁もあります。青汁は毎日飲むものですから、味が改善してあり飲みやすい青汁を選びましょう。

ただ添加物とか人工甘味料が使われていることもあるため注意も必要です。原材料が大麦若葉である青汁が飲みやすくなっているため、大麦若葉の青汁を選びましょう。

果物が使われている青汁も飲みやすいです。果物の成分も一緒に取れて健康や美容にも効果的なため、腸内を整える以外にも様々なメリットに期待できるためオススメになります。

青汁を飲んですぐに効果が出るわけじゃないよね。どのくらいで効果がでるの?
効果がでるまでに3か月はかかるといわれている。苦い青汁だと続かないから、効果が出るまで飲み続けるために、飲みやすい青汁を選ぶことが秘訣だぞ。

腸内環境を整えるなら青汁を飲んでみよう!

今回は腸内環境について紹介しました。整えず、腸内の悪玉菌が多くなってしまうと病気になりやすいとか便秘や下痢になりやすいなど、デメリットが大きいこともわかったでしょう。

腸内環境を整えるということは腸内の菌の割合を整えることです。善玉菌が多い方が腸内はいい状態なため、今まで意識してこなかった人もこの機会に意識してみてください。

腸内環境を整える手段としてオススメなのは青汁を飲むことです。

青汁には食物繊維やビタミンCといった腸内環境を整えてくれる成分が豊富に含まれています。味も改善されており、簡単に飲むことができるため腸内環境を整えるために青汁を飲んでみてはどうでしょうか。

注意点としては腸内環境を整えるために食物繊維とかビタミン類を摂りすぎてしまうと過剰摂取となり逆に体に悪いです。そのため青汁を飲む時には成分の過剰摂取にならないように注意して飲むようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.