青汁でポッコリお腹を解消!ダイエット効果を高める4つのポイント

歳を重ねると、脂肪がお腹に蓄積していき気になっている人も多いのではないでしょうか。「ポッコリお腹」と呼ばれることもありますが、そのまま放置しておくと体によくありません。

青汁はそんなポッコリお腹の解消してくれます。なぜ青汁がポッコリお腹を解消してくれるのか?また青汁と組み合わせることで効率的にポッコリお腹を解消できる方法を紹介していきます。

やっぱり脂肪が原因?どうしてポッコリお腹になるの?

ポッコリお腹という言葉を聞いたことがありますか?お腹が膨らんでしまう症状のことを言います。現在もポッコリお腹で悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

ポッコリお腹になる人には必ず原因があります。

ポッコリお腹のことに詳しくない人はやっぱり「脂肪」が原因であると考える人が多いのではないでしょうか。脂肪もお腹が膨らんでしまう原因の一つです。

脂肪が蓄積してしまいポッコリお腹になってしまいます。脂肪は年齢を重ねると蓄積してしまう人も多いので、若い人よりも歳を取った人の方がポッコリお腹になってしまう人が多いです。

ただポッコリお腹になってしまう原因は「脂肪」だけではありません。

  • 骨盤の歪みや開き
  • 食べ過ぎ
  • 腸内環境の悪化

骨盤の歪みがポッコリお腹の原因に!

骨盤の歪みがポッコリお腹の原因になることもあります。

歪みとか開きは知らずに起きていることもあるため、意識しないと歪みや開きは気づきにくいです。女性の場合は出産などをすると骨盤が歪みやすいため注意が必要になります。

骨盤が歪むとポッコリお腹になってしまう理由は、骨盤が歪むと内臓が本来の位置から下がってしまうからです。「内臓下垂」とか「腸下垂」なんて呼ばれます。

骨盤の歪みが原因のポッコリお腹を解消するには、歪みを解消することです。自分で治すよりも施術など、専門の人に治してもらいましょう。

沢山食べ過ぎてしまうとポッコリお腹の原因に

食べ物を沢山食べるとその分、お腹も膨らんできます。実際にお腹一杯に食べた時にお腹が膨らんだ経験がある人も多いのではないでしょうか。

時間が経過すれば消化されてポッコリお腹も解消されますが、ポッコリお腹になりたくないなら食べすぎはできるだけ避けましょう。

腸内環境が悪いとポッコリお腹になる

腸内環境が悪いとポッコリお腹になる原因となってしまいます。

腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増えて腸の機能が低下してしまうことが理由です。機能が低下すると便秘になり、腸内にガスが溜ってしまいそのガスがお腹を膨らませてしまいます。

特に女性は便秘の人も多く、ガスが溜ってしまいポッコリお腹になってしまうことも多いです。解消するためには腸内の環境を整える必要があります。

腸内の環境を整えるのに効果的なのが青汁です。ポッコリお腹の解消にもつながるため、青汁を飲んでみてはどうでしょうか。

若い人や子供もポッコリお腹になることはあるの?家族が野菜嫌いだし、なかなか食事をとれないから心配だわ。
若い人や子供でもポッコリお腹になることはあるぞ。放っておくと病気になることもあるから青汁を飲むとか医師に相談するなど、必ず対策をしよう。

青汁がポッコリお腹解消に効果的なポイント!

青汁がポッコリお腹の解消をしてくれる理由は、食物繊維が豊富に含まれているからです。

食物繊維は腸内の環境を整えてくれるため、便秘の解消に期待できます。便秘を解消できれば、ガスとか老廃物といった腸内の環境を低下させる原因を便により排出させてくれます。飲むだけでポッコリお腹を解消できるため、青汁は手っ取り早く解消したい人にオススメです。

青汁の他にもポッコリお腹を解消する方法があります。青汁を合わせることで、より効果的になるため「もっとお腹をへこませたい」という人は試してみてください。

ヨーグルトなど発酵食品もポッコリお腹解消のポイント

ヨーグルトが便秘に良いということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ヨーグルトのような発酵食品は善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌が増えると悪玉菌を減らしてくれ、腸内の環境を整えてくれます。便秘の解消や腸内の老廃物の排出にも効果的なので、青汁と一緒にヨーグルトも食べてみましょう。

筋トレでインナーマッスルを鍛えてポッコリお腹を解消

ポッコリお腹を解消するなら、青汁と一緒に筋トレをしましょう。青汁だけだと限界もあるため、一緒に筋トレをするとダイエット効果高めることができます。

筋肉を付けておけば骨盤の歪みからくる内臓下垂を防げるため、ポッコリお腹の予防にもつながります。インナーマッスルを鍛える場合、腹筋はあまり効率的ではありません。

効率的に鍛える方法も簡単に紹介します。まず仰向けに寝て膝を立てます。その状態でお腹をへこませるように力を入れて、おへそを見るようにして状態をゆっくり上げます。その状態を3秒間ほどキープしてから上体を下ろして終了です。

インナーマッスルを鍛える方法は沢山あるため、ポッコリお腹の予防やダイエットの為に実践してみましょう。

ダイエット効果を高めるには代謝が重要!

ダイエット効果を高めるには善玉菌を増やすとか、筋トレがありますが、それよりも重要なのが代謝を上げることです。代謝を上げないとダイエットの効果も出にくいためとても重要になります。

代謝を上げるためには酵素を取りましょう。イモ類とか豆類、キャベツなどに酵素は豊富に含まれているため、食物から酵素を取ることができます。代謝を上げて効率よくポッコリお腹を解消していきましょう。

青汁はやっぱりポッコリお腹解消に良いんだね。なら生野菜と青汁ならどっちの方がいいの?
青汁は栄養が損なわれていることもあるからどちらかというと生野菜の方が効率はいい。けど青汁は野菜が嫌いでも飲みやすいし、時間がない人でも飲めるから人によっては青汁の方が効率いいこともあるぞ。

どれを選んでもいいの?ポッコリお腹を解消する青汁の選び方

青汁はさまざまなメーカーが販売しており、その種類も豊富です。メーカーによって使われている素材も違いますが、大麦若葉やケールが使われていることが多いため、総じて食物繊維は豊富に含まれています。

どの青汁でも基本的に問題ありませんが、こだわった方がダイエットも効果的に行えます。青汁の中には「ダイエット目的の商品」と「美容のための商品」があるため、ダイエット目的の青汁を選ぶようにしましょう。

飲みやすい青汁を選ぼう!大麦若葉や果物が使われていると飲みやすい

青汁は毎日飲まなければいけないため、飲みづらいとストレスを感じてしまいます。ダイエットの為にストレスを感じるのはよくないため、飲みやすい青汁を選びましょう。

  • ケール
  • 大麦若葉
  • 明日葉

青汁で使われる原料は主に上記の3種類のことが多く、この中だと大麦若葉が飲みやすいです。食物繊維も豊富に含まれているため、ダイエット効果もあります。まだ青汁を飲んだことがない人は飲みやすい大麦若葉が使われている青汁を選ぶようにしましょう。

青汁の中には果物が使われている場合もあります。果物が含まれている青汁は飲みやすいので、青汁を経験したことがない人にうってつけです。

野菜しか使われていない青汁だと、野菜の栄養しか取ることはできませんが、果物が使われていれば果物の栄養も取ることができます。普段取りにくい栄養を取ることもできるため、果物が使われている青汁もオススメです。

使われている野菜や果物を確認してから青汁を選ぼう

青汁に使われている野菜はメーカーによって変わります。ポッコリお腹を解消するなら食物繊維が含まれている野菜が使われているのか確認しましょう。代謝を上げるために酵素が含まれている野菜も忘れてはいけません。

ビタミンも代謝を上げる効果があるため、ビタミンAやビタミンB2といったビタミン類が豊富な青汁を選ぶようにしましょう。

乳酸菌が腸の環境に良い効果があるって聞いたことがあるけど、乳酸菌が含まれている青汁はないのかしら。
乳酸菌が含まれている青汁もあるぞ。乳酸菌は腸内環境を整える時に役立つから、効率よく腸内をキレイにしたいなら乳酸菌が含まれている青汁を選ぼう。

ポッコリお腹を解消するなら青汁の飲み方も工夫

青汁といえば粉末を水に混ぜて飲むとか、すでにあるものを飲むというイメージがあるのではないでしょうか。青汁にもいくつか飲み方があるので紹介していきます。

粉末タイプなら、水以外に混ぜて飲むこともできます。例えばヨーグルトに混ぜて飲むことで、青汁の効果とヨーグルトの効果を一度に得られて効果的です。

他にもジュースに混ぜることで飲みやすくすることもできます。スープ系の食べ物に混ぜて食事と一緒に青汁を飲むといったことも可能です。

青汁単体で飲んでもいいですが、混ぜることで効率もいいため工夫して飲んでみてください。

青汁は食前に飲もう!食べ過ぎの予防になる

青汁には食物繊維が豊富に含まれているため、飲めば満福中枢を刺激してくれ、沢山食べなくても満腹感を得られます。そうすることで、食べ過ぎを防ぎポッコリお腹になりにくいです。

さらに食物繊維はお腹の中に残るため、空腹を感じにくいことも特徴になります。空腹を感じるとご飯の前にお菓子などを間食してしまう人も多いのではないでしょうか。青汁を飲んでいれば間食を防ぐ効果もあるため、食生活の乱れも防げます。

青汁は毎日飲まないと効果が得られない!忘れずに飲もう

青汁は1日とか2日飲んだだけでは効果を得られません。効果を得るには毎日飲み続ける必要があります。

最低でも3か月以上飲み続けないと効果が出ないという情報もあるため、毎日飲み続けましょう。

青汁がまずいと毎日飲み続けることが苦痛になって、途中でやめてしまう可能性も高いです。そのため青汁を飲むなら、飲みやすいものを選ぶか食事に混ぜて飲みやすくするなど、工夫して飲むようにしましょう。

Webで青汁を使った料理のレシピもあるため、初心者の人はまずすでにあるレシピを参考にしてみてはどうでしょうか。長く続けられるように、工夫して青汁を飲んでみてください。

青汁飲みたくないなー。苦くない青汁とかないのかなー。
野菜嫌いな子供には確かに青汁は飲みづらいだろう。だが子供用の青汁もあるし、料理と一緒に飲めば苦みを感じにくいぞ。野菜を摂らないと便秘になるから、野菜を食べるか青汁を飲まないとダメだぞ。

運動や発酵食品と一緒に青汁を飲んでポッコリお腹を解消

今回はポッコリお腹の原因や解消方法を紹介しました。青汁に含まれている食物繊維がポッコリお腹の解消に役立つとわかったのではないでしょうか。

青汁だけでも解消できますが、運動や発酵食品を食べることでさらに効果を高めることができます。

青汁だけのダイエットにも限界はあるため、運動や発酵食品も一緒に食べてみてください。食実をキッチリとることと、バランスのいい食事をとることも重要なため、忙しくてもできるだけ規則正しく食べるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 失敗しない!青汁おすすめランキング【青汁マンと健康家族】 All Rights Reserved.